loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2024/1_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2024/1/10

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/1/10

火曜日(1月9日)、ドルは円に対して144.54で、0.25%上昇しました。火曜日に発表されたデータによれば、12月における東京地域のコアインフレは2ヶ月連続で下落し、これにより日本の中央銀行は過剰な緩和政策から急いで撤退する必要はなくなりました。現時点での鍵は主にドルの動向にあります。ドル指数は12月に5ヶ月ぶりの最低水準に達し、その時点ではインフレが2%の目標に下がり、経済データが弱さを示しているという投資家の見方から、連邦準備制度は早期に利上げを行う可能性があると考えられました。今年、ドルは一部回復しており、一部の人々は年末前の過剰な売り圧力だと考えています。しかし、連邦準備制度の政策期待が引き続きドルの動向を推進する可能性があります。木曜日の12月の消費者物価インフレ報告書が今週の主要な経済データとなります。予測によれば、報告書は12月の総物価が前月比で0.2%上昇し、前年比で3.2%上昇することを示すでしょう。もしデータがインフレの減速が続いていることを確認すれば、3月の利下げの期待が高まる可能性がありますが、データが予想を上回る場合は、前述の利下げの期待が一部逆転する可能性があります。利下げのタイミングが早まるか遅れるかは、ドルの動向に大きな影響を与えるでしょう。ドル/円の日足チャートでは、最近の空売りが146で阻まれ、わずかな利益調整が現れました。木曜日のアメリカのインフレデータが発表される前に、ドル/円は引き続き143から145の狭いレンジでの整理傾向を維持すると予想されています。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/1/10

1月9日(火曜日)に、豪ドル/米ドルは前日比0.48%下落し、0.6682で取引を終了しました。オーストラリアの小売販売データによれば、11月の小売販売は2.0%増加し、これは市場の予測である1.2%の増加を大幅に上回り、2年ぶりの最大増加幅となりました。増加の主な理由は、「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」のプロモーションセールが非常に人気であり、季節調整のプロセスがこれらの要因を完全に反映していないことです。アナリストは、これが将来の消費を前倒しにしただけであり、12月には逆転する可能性があると疑っています。11月のオーストラリアの消費者物価報告書が水曜日に発表され、より一層状況を明らかにするでしょう。アナリストの予測では、11月のオーストラリアの消費者物価指数(CPI)の年間上昇率は、10月の4.9%から4.4%に減少すると予想されています。この結果により、オーストラリア中央銀行は一安心するでしょう。なぜなら、同行はその緊縮サイクルを復活させる必要性に悩まされていました。先物市場は、現在の4.35%の基準利率をさらに引き締めることはほぼ不可能であると示唆していますが、最近では5月に初めて利下げする可能性を約36%に低下させました。6月の利下げの確率は64%に上昇し、8月までにはほぼ完全に価格がつけられています。金利差の利点が次第に失われつつある期待の下、最近の主要商品である銅の価格が大幅に下落したこともあり、豪ドル/米ドルは下降トレンドに転じつつあります。日足チャートでは、豪ドル/米ドルは徐々にボリンジャーバンドの中間ラインよりも低い水準に位置し、技術的な指標も明確な下降傾向を示しており、豪ドルの空売り圧力が優勢であることを示しています。先週の0.6639のサポートは比較的重要であり、これを下回れば下降の空間が広がるでしょう。上方では、現在0.6740付近の抵抗が強い状態です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール