loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2024/1_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2024/1/12

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/1/12


木曜日(1月11日)、米ドル対円は上昇後に反落し、当日0.20%下落して145.48となりました。これは以前に146.45の水準に達したことがあり、12月11日以来の最高水準です。当日公表されたアメリカの12月の消費者物価指数(CPI)は0.3%上昇し、全体の消費物価インフレ率は11月の3.1%から12月には3.4%に上昇しました。ただし、食品やエネルギーのコストの変動を除外すると、物価上昇率は4%から3.9%に低下し、基本的な物価のプレッシャーが引き続き緩やかになっていることを示しています。12月のCPIはインフレの道をより明確にすることはほとんどありませんでした。これは曖昧な結果です。このデータは、市場の予想よりも米連邦準備制度(FRB)が初めて利上げを行う時期を遅らせる可能性があるかもしれません。しかし、この予想以上のインフレ報告書は、米ドルを上昇させることはできず、逆に下落しています。これは市場が依然として米ドルが年内に利下げされると確信しており、ただし具体的な時期が未定であることを示しています。日足チャートでは、米ドル/円は再び146の水準に挑戦しましたが、これを突破したものの、クローズはこの水準の上で安定せず、この水準の抵抗が強力であることを示しています。現時点で為替レートは徐々にボリンジャーバンドの上側線を離れて下降傾向にあり、その後のクローズが144以下に低下すれば、米ドル/円の反発が終了する可能性があります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/1/12

木曜日(1月11日)、オーストラリアドル対米ドルの動きは相当に揺れ動き、日中で最高0.6725に達し、最低0.6645まで下落し、最終的には0.6687でクローズしました。アメリカの12月のコア消費者物価指数(CPI)は前月比0.3%上昇し、インフレの下降トレンドが停滞していることを示しています。これは過去5か月で4回目の0.3%の上昇であり、予測を上回るものでした。これにより、市場は3月に米連邦準備制度(FRB)が初めて利下げを行うという期待が低まり、またアメリカの経済成長率が引き続き2%前後で維持できる可能性があるため、FRBが事前に緩和を行う緊急性がないとの見方が強まりました。FRBの初の利下げの時期は遅れる可能性があり、これは一定程度オーストラリアドルの上昇勢いを抑制しています。日足チャートでは、オーストラリアドル/米ドルの為替レートはまだボリンジャーバンドの通道の下側線近くにあり、技術指標は変化の兆候がないまま下向き傾向にあり、オーストラリアドルは一時的に弱い状態にあることを示しています。現時点で下方の0.6640近くのサポートが重要であり、これを弱く下回ると、ボリンジャーバンドのトランペットが拡大し、オーストラリアドルの下降トレンドが明確になる可能性があります。上方向には、前日のニューヨーク高値0.6725の抵抗レベルを突破するか、近期の下降トレンドを扭転する可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール