loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2024/1_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2024/1/15

USD/JPY

先週金曜日(1月12日)、ドル/円は0.29%下落し、144.87で終了し、最低で144.34まで下落しました。金曜日、米労働統計局は12月の最終需要生産者物価指数(PPI)が前月比0.1%減少したと発表しました。11月のデータは0.1%減少に修正され、前月は横ばいでした。PPIは3か月連続で減少しています。生産者物価の下落は、消費者物価が12月に2か月連続の下落の後に上昇したとしても、商品のデフレの勢いが変わらないことを示しています。これにより、トレーダーは今後数か月の利下げに対する賭けを増やしました。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のFedWatchツールによると、連邦基金利率の先物市場は現在、3月の利下げの可能性を79%と予測しており、前日の73%を上回っています。利下げの期待が市場に続いていることは、疑いなく円安の圧力を緩和させています。技術的なチャートの観察からは、ドル/円が新たなトップを形成した可能性があるようです(約146.00の水準で)。現在の為替レートは、140.27から146.41の上昇傾向の38.2%のフィボナッチ・リトレースメントレベルである144.06をテストしているようであり、この位置を下回れば、ドル/円はさらに下落する可能性があります。一方で、146の抵抗を突破すれば、ドル/円の現在の上昇トレンドが続く可能性があります。

AUD/USD

金曜日(1月12日)のオーストラリアドル対米ドルは大きな変動はなく、終値は0.6687となりました。アメリカの生産者物価指数(PPI)が予想を下回った後、FedWatch(連邦観測ツール)は3月の利下げの可能性を木曜日の73%から79%に引き上げました。その日のアメリカの短期国債利回りは10ベーシスポイント急落しました。同時に、欧州中央銀行総裁ラガルドの鳩派発言が、4月に利下げするという市場の期待を強化し、オーストラリアドル対ユーロも一時的に1か月ぶりの高値を記録しました。対照的に、市場はオーストラリア中銀がより遅く行動すると考えており、金利先物は2024年の年間利下げ幅が50ベーシスポイントになると示唆していますが、米連邦準備制度理事会は155ベーシスポイントです。将来の金利の分かれ道と差異は、一時的にオーストラリアドルにいくらかの支えを与えています。ただし、先週発表されたオーストラリアの11月消費者物価指数データが予想を下回り、第四四半期のインフレ率も中銀の予測を下回る可能性が示唆されています。一部の有名機関は、このために中銀が今年金利を市場の予想を上回る幅で引き下げる可能性があると分析しています。したがって、オーストラリアドル/米ドルは大きな反発力を生み出すことができないようです。日次チャートでは、日次モメンタム指標は緩和し、ボリンジャーバンドの範囲は平行で、はっきりとした傾向がありません。10月/12月の上昇傾向の38.2%の回撤レベルである0.6641が鍵のサポートであり、先週の高値0.6734とその後の21日移動平均0.6753が重要なレジスタンスです。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール