お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場動向レポート

【外国為替市場の動向】2024/2/20

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/2/20

2月19日(月曜日)はアメリカ大統領の日であり、外国為替市場は比較的穏やかな動きでした。ドル/円のレートは基本的に150を超えたままでした。中国の春節休暇が終わった後、アメリカの経済成長データが強力であることから、以前は今年3月にドルの金利が下がると予想されていた期待がほぼ排除され、6月の金利の可能性も大幅に低下しました。これにより、米国債の利回りが上昇し、利回り差に非常に敏感な円にとっては明らかな打撃となりました。さらに、日本の中央銀行がマイナス金利政策を終了する動きを見せず、アービトラージ取引が再び活発化しています。現在、ドルにとって有利なマクロ経済状況の中、円の動向はやや軟調です。技術的には、以前は7日間連続して突破された149.17の技術水準の上に保持されており、これは(11-12月)の151.92から140.27への下落の76.4%の回帰水準であり、各種の技術指標が引き続きポジティブな領域に留まっており、ドルの強さが維持されていることを示しています。上方の高値151が突破されると、上方では昨年11月の高値151.92をテストする可能性があります。下方に下落し148を下回る場合、ドル/円は転換の動きを示す可能性があります。

AUD/USD

2月19日(月曜日)、豪ドルは米ドルに対して2週間ぶりの高値0.6551ドルを記録しました。中国株式市場は春節長期休暇の後、わずかに上昇し、豪ドルにいくらかの安堵感をもたらしました。将来を展望すると、投資家が直面する主なリスクは水曜日のオーストラリアの賃金データです。エコノミストは、昨年第4四半期の賃金の季節調整済み前四半期比増加率が1.3%から0.9%に減速すると予測しています。賃金の増加率が低下する場合、市場のオーストラリア準備銀行による早期利下げの期待が高まる可能性があり、それが豪ドルの動向に影響を与えるでしょう。投資家はこのデータに密接に注視する必要があります。技術的には、5日、10日、21日の移動平均線が絡み合い、21日のボリンジャーバンドの範囲が狭まり、日足チャートのモメンタム指標が上昇しており、サインは底堅さを示しています。終値が圧力をかけられた21日移動平均線0.6539ドルを上回れば、買いのシグナルとなります。2月および2024年のトレンドの低点である0.6443ドルは最初の重要なサポートレベルとなります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール