お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場動向レポート

【外国為替市場の動向】2024/2/26

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/2/20

先週金曜日(2月23日)、ドル指数は安定し、ドル/円は最近の高値近くを維持し、終値は150.45でした。今年は経済が着実に回復し、インフレ率が2%の年次目標に戻るように警告されたにもかかわらず、早すぎる利下げを避けるように求められているため、ドルの為替レートは堅調に推移しています。投資家は、初の利下げを5月から6月に延期し、連邦準備制度が指標金利を大幅に引き下げる可能性を大幅に減少させました。一方で、円は今年のG10通貨で最も弱いパフォーマンスを示しており、ドル/円は今年に入ってすでに6.7%上昇しています。これは主に、投資家が日本の金利が一定期間ゼロ近くに保たれると見ており、連邦準備制度が長期にわたり高い金利を維持すると予測しているためです。高いリターンを求めて、投資家は引き続きアービトラージ取引を行い、円を借り入れまたは売却し、より高い金利の通貨に投資しています。そのため、円はドルとの直接の取引だけでなく、他の高利回り通貨との交差取引でも売られ続けています。最近のドル/円の動向は、依然としてアメリカの経済データのパフォーマンスに依存しており、特にインフレに関するデータが影響を与えるでしょう。アメリカの経済データが引き続き強力なものであれば、連邦準備制度は利下げを遅らせざるを得なくなります。この状況では、円は必然的に圧力を受け、引き続きソフトなトレンドを示すでしょう。日足チャートでは、ドル/円は依然として150水準以上でわずかな整理を続けており、上方へのブレイクが一度でも151の年初来高値を突破すれば、ドル/円はより高い水準に向かう可能性があります。一方で、148水準を下回ることがなければ、円が反転の兆しを見せる可能性は低いでしょう。

AUD/USD

先週金曜日(2月23日)、豪ドルは米ドルに対して当週の上昇トレンドを守り、終値は0.6562で、取引中には最高で0.6595に達しました。投資家は引き続きゼロ金利で円を借り入れ、高利回り通貨を購入する利差取引に参加し、これが豪ドルを押し上げています。同時に市場は、豪州中央銀行が現金利を4.35%にさらに引き上げることはないと見ていますが、早期の緩和にも賭けないと考えています。金利先物は、豪州中央銀行が8月に初めて利下げする可能性を約70%、年間の緩和幅はわずか35ベーシスポイントと示唆しています。したがって、利差の優位性を維持することで、豪ドルは魅力を増しています。短期の1時間足チャートでは、豪ドル/米ドルには過去の高値の兆候が見られ、短期の調整リスクに備える必要があります。日足チャートでは、豪ドル/米ドルの上昇トラックは依然として健全であり、技術指標は上昇傾向にあり、全体的に多くの買いポジションをサポートしています。下方の初期サポートは0.6520付近にあり、上方の強い抵抗は0.6620付近にあります。0.6620を上回ることができれば、上昇トレンドはより明確になるでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール