お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【外国為替市場の動向】2024/3/7

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/3/7

水曜日(3月6日)、米ドルは全般的に下落し、0.41%減の103.36を記録し、ドル円は0.45%下落して149.38で終了しました。水曜日、パウエル議長は下院金融サービス委員会での証言で、「経済の成長が予想にほぼ合致する場合、政策の制約を今年のある時点で緩和するのは適切かもしれません」と述べました。彼の発言により、以前には予想されていた米連邦準備制度理事会が今年上半期に利下げを断念する可能性が失望感を与え、過去数週間のドルへの上昇賭けを巻き戻し始めました。同時に水曜日に発表されたデータでは、2月の米国の雇用が予想よりもわずかに低く、労働者の賃上げが2年半ぶりの低水準となり、これは米国労働市場が冷え込んでいる兆候のようです。これにより金曜日の米国の雇用統計に対する市場の期待が高まりました。一方、日本からの情報によれば、最近では円に有利な動きが見られるようです。報道によれば、日本の中央銀行の一部の委員は、3月の会合でマイナス金利を終了するのは適切だと考えているとのことです。ほとんどのアナリストは、日本が春の賃上げ交渉で安定した昇給をもたらす場合、日本の中央銀行が4月の会合でマイナス金利を撤退するだろうと予想しています。最近の基本的な要因は、円の下落を抑制し、徐々に安定し、静かに回復しているようです。日足チャートでは、ドル/円がボリンジャーバンドの下限まで低下し、現在は初期のサポートレベル149.00をテストしています。これを下回れば、ドル/円の動向は上昇から下降に転じる可能性があります。その徐々に低下する目標は、右側の日足チャートに示されたフィボナッチの引き戻し比率で測定できます。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/3/7

水曜日(3月6日)、全般的にドルが弱くなったため、経済データが当日比較的弱かったにもかかわらず、豪ドルは影響を受けず、終値でドルに対して0.94%上昇し、0.6565を記録しました。水曜日にオーストラリアからのデータによれば、住宅ローン金利の上昇と高額な税金が消費支出を抑制し、第四四半期の経済成長率はわずか0.2%でした。報告によれば、第四四半期の国内物価圧力は緩和され、労働コストも下がっており、これはオーストラリア準備銀行にとって安心材料となるでしょう。現在、市場は6月の利下げの可能性を42%、8月の利下げの可能性を86%と示唆しています。市場は2024年の利下げ幅を43ベーシスポイントと予想しています。もしも米連邦準備制度理事会が澳洲準備銀行よりも早く利下げし、かつその幅が澳ドルよりも大きいと予想されれば、澳ドルはサポートを得る可能性があります。日足チャートでは、一夜での大陽線が澳ドル/米ドルをボリンジャーバンドの中間ラインよりも上に引き上げ、澳ドルの買い戻しポジションが比較的積極的であることを示しています。もし今週金曜日の米国の雇用データが予想を下回れば、その時点で澳ドルは上昇の動力を維持できるでしょう。現時点では、澳ドル/米ドルの抵抗ラインは2月22日の高値0.6595と12月/2月の下落トレンドの38.2%リトレースメント0.6606にあり、初期のサポートラインは0.6525/30にあり、ここでは10日と21日の移動平均線が交差しています。より強力なサポートは年初の安値0.6450付近にあります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール