お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
FXtrends_2024_4

【外国為替市場の動向】2024/4/10

USD/JPY

4月9日(火曜日)、米ドルはほとんど変動せず、ドル指数は104.12で横ばい、ドル/円も151.75で横ばいとなりました。先月に記録した34年ぶりの高値である151.975からはそれほど遠くありません。日本の役人たちは引き続き円安を口頭でけん制しようとしています。日本の中央銀行総裁の植田和男は、火曜日にインフレが加速すれば、中央銀行は金融刺激の程度を引き下げる必要があると述べました。さらに、投資家は米国のインフレデータが公表される前に慎重な姿勢をとっています。ロイターの調査によると、経済学者は3月の米国の消費者物価指数(CPI)が前月比0.3%上昇すると予想しています。2月は0.4%上昇しました。コアCPIも前月比0.3%上昇すると予想されています。データの強弱は引き続き市場の連邦準備制度(FRB)の通貨政策の方向に対する見方に影響を与えるでしょう。今年初め以来、10年物米国債利回りは約47ベーシスポイント上昇しましたが、ドルはわずか2.5%上昇しています。近くには2つのシナリオがあります。米ドルが強くなり、米国債利回りに追いつくか、利回りが下がり、それに連れてドルも下落します。日足チャートでは、ドル/円は高水準のナローレンジで横ばいで推移し、技術指標は中立であり、方向性は不透明です。インフレデータが発表される前の変動範囲も151から152に限定されるでしょう。

AUD/USD

4月9日(火曜日)、オーストラリアドルは米ドルに対して0.35%上昇し、0.6627でクローズしました。これは1ヶ月ぶりの高値である0.6644に触れた前になります。鉄鉱石価格の上昇と円への金利差取引需要の影響を受けました。日足チャートでは、オーストラリアドル/米ドルのレジスタンスは3月8日の高値である0.6667にあり、サポートは0.6560/65にあります。10日と21日の移動平均線が交差し、5日、10日、21日の移動平均線が上昇トレンドを形成しており、低水準での買い注文は0.6560を保持するのに役立ちます。0.6667の高値を突破すると、さらなる上昇目標は0.67付近に向かうでしょう。今後、発表される米国の重要な消費者物価指数(CPI)データが上昇トレンドの持続を決定します。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール

フォワードテスト稼働ブローカー

ストア紹介文

ストアバナー画像

ストア画像

ストア名

EAファイル

認証用ロジックを組んだex4/5ファイル

 ご自身が開発したか、または使用しているExpert Advisor(EA)の.MQ4/5ファイルに専用の口座認証及び取引履歴をデータ化するロジックを加えてコンパイルしてください。

出品用のEAの作成方法はこちら▶

出品EA作成代行も承っております!

認証用ロジックを組み込む手順を運営にて代理で対応させていただくことも可能でございます。
ご希望の際は、出品時にMQL4/5形式のままでアップロードいただければご確認させていただきます。
なにかご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの運用方法

EAの稼働を見送るタイミング

苦手な相場

得意な相場

クローズ条件

エントリー条件

おすすめのブローカー

無料版が利用できる
提携ブローカー

月利目安

推奨証拠金

キャッチコピー

フォワード計測口座タイプ

最大ストップロス

シンボル

時間足

マーチンゲール

最大ポジション数

マジックナンバー

バックテスト(gif)

バックテスト(HTML)

商品画像

カテゴリ

セール価格

価格

EA名