loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GBPUSD分析のアイキャッチ画像

【GBPUSD】通貨ペア分析レポート-2024/1/30

市場動向と要因分析

GBP/USDは依然としてレンジ取引の範囲にとどまり、現時点でのインドレイバイアスは中立的です。別の下落も考えられますが、下値は1.2499のサポートで抑えられるはずで、リバウンドをもたらすでしょう。上向きには、1.2784の抵抗をしっかりと抜けることが、調整パターンの完了を示唆します。さらなる上昇は、1.2036からの急騰を再開する1.2826を通過するはずです。次のターゲットは1.3141の高値です。

テクニカル分析とサポート

1.3141の中期的な高値からの価格変動は、1.0351(2022年の低値)からの上昇トレンドの修正パターンと見なされています。1.2036からの上昇は進行中の第2の段階と見なされています。上昇は1.3141で制限されるべきですが、パターンの第3段階をもたらすべきです。一方、1.2499のサポートが破られれば、パターンの第3段階が既に1.0351(2022年の低値)から1.3141までの38.2%の戻りである1.2075で始まったと主張されます。

トレード戦略

GBP/USDの見通しに変化はありません。レンジ取引が続いています。現時点でのインドレイバイアスは中立的です。別の下落も考えられますが、下値は1.2499のサポートで抑えられるはずで、リバウンドをもたらすでしょう。上向きには、1.2784の抵抗をしっかりと抜けることが、調整パターンの完了を示唆します。さらなる上昇は、1.2036からの急騰を再開する1.2826を通過するはずです。次のターゲットは1.3141の高値です。

まとめ

GBP/USDは依然としてレンジ取引の中にあり、短期的な見通しは中立的です。現時点では、下落が続く可能性もありますが、重要なサポートである1.2499を下回ることはないでしょう。一方、1.2784の抵抗を上回る強い動きがあれば、調整パターンの完了を示し、急騰の再開を示唆します。次に目指すべき高値は1.3141です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール