お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GBPUSD分析のアイキャッチ画像

【GBPUSD】通貨ペア分析レポート-2024/2/13

市場動向と要因分析

市場動向と要因分析: GBP/USDは1.2691まで急騰しましたが、急速に引き返しました。現在、日中のバイアスは中立的な状態が続いています。上昇の方向には、1.2691のレジスタンスをしっかりと抜けることが求められます。これにより、1.2826からの修正が1.2517で完了したことが確認され、1.2499のサポートを得た後です。日中のバイアスは再び上昇方向に向かい、1.2826の再テストが予想されます。ただし、1.2499の断固たるブレイクは、1.2036からの全体の上昇が完了し、近い将来の見通しがベアッシュに転じる可能性があることを示唆します。

大局的な視点では、1.3141の中期的なトップからの価格動向は、1.0351(2022年の安値)からの上昇トレンドの修正パターンと見なされています。1.2036からの上昇はその第二の段階と見られており、まだ進行中の可能性があります。ただし、上昇は1.3141で制約されるべきで、パターンの第三の段階をもたらす可能性があります。一方で、1.2499のサポートのブレイクは、既に1.0351(2022年の安値)から1.3141までの38.2%のリトレースメントである1.2075での第三の段階が始まったと主張します。

テクニカル分析とサポート

GBP/USDの日次展望において、テクニカルな見方とサポートに焦点を当てます。現在、日中のバイアスは中立的なままです。上昇方向に転じるためには、1.2653のレジスタンスをしっかりと抜けることが必要です。これにより、1.2826からの修正が1.2517で完了したことが確認され、1.2499のサポートを得た後です。日中のバイアスは再び上昇方向に向かい、1.2826の再テストが予想されます。ただし、1.2499の断固たるブレイクは、1.2036からの全体の上昇が完了し、近い将来の見通しがベアッシュに転じる可能性があることを示唆します。

トレード戦略

現在の状況では、GBP/USDの取引戦略については慎重な態度が求められます。1.2653のレジスタンスが堅固に抜けると、1.2826の再テストが期待されます。しかし、1.2499が断固としたサポートとなると、全体の上昇が終了し、短期の見通しがベアッシュに転じる可能性があります。投資家は市場の変動を注視し、慎重なポジションを保つことが重要です。

まとめ

GBP/USD通貨ペアは一時的な変動が見られるものの、大局的には上昇トレンドが続いています。1.3141の中期的なトップからの価格動向が修正パターンである可能性があり、現在の上昇がその第二の段階と見なされています。しかし、1.2499のサポートが重要であり、これを下回るとベアッシュな見通しとなる可能性が高まります。トレーダーは市場の動向に敏感に反応し、慎重なアプローチを取ることが重要です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール