loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/2/1

市場動向と要因分析

USD/JPYは下落が続きましたが、145.97のサポートラインを保っています。現時点では、日中のバイアスは中立的であり、さらなる上昇が依然として有利です。以前にも述べたように、151.89からの修正下落は既に140.25で完了したものと見られます。148.79のブレークは、再び151.89/93の重要なレジスタンスゾーンを再テストする上昇をもたらすでしょう。ただし、145.97の堅固なブレークはこの見通しを悪化させ、バイアスを下向きに向けてさらなる下落に転じさせます。

テクニカル分析とサポート

140.25からの予想以上のリバウンドが元々のベアリッシュな見解を和らげました。55週間のEMA(現在142.49)からの強力なサポートも中期的な上昇の兆候です。151.89からの下落は、127.20からの上昇の修正に過ぎません。151.89/93の断固たるブレークは、長期的な上昇トレンドの再開を確認します。これは今後の支持が140.25を維持する限り、好ましいケースとなります。

トレード戦略

USD/JPYの現在の状況を考えると、中立的なバイアスが続いています。しかしながら、145.97のサポートが維持される限り、さらなる上昇が予想されます。トレーダーは148.79のレベルを注視し、そのブレークが151.89/93の重要なレジスタンスゾーンへの再上昇をもたらす可能性があることを認識する必要があります。一方、145.97が破られると、下向きのバイアスが強まり、140.25へのより深い下落が予想されます。

まとめ

USD/JPYは一時的に中立的なバイアスを持ちつつも、長期的な上昇トレンドが続いています。145.97のサポートラインが鍵となります。トレーダーはこのレベルの動向を注視し、上昇が継続するかどうかを見極める必要があります。148.79のレベルを超えることで、再び151.89/93の重要なレジスタンスゾーンが注目されるでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール