お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/2/16

市場動向と要因分析

USD/JPYは150.87からの調整を延長し、インデントレーダーのバイアスは中立的なままです。下降リトリートの下限は、148.79のレジスタンスがサポートに変わることで抑えられ、さらなる上昇をもたらすでしょう。150.87を上回ると、140.25からの上昇が再開し、151.89/93の重要なレジスタンスゾーンに到達します。そこでの決定的なブレークは、次に155.50の目標レベルで大きな上昇トレンドが再開されることを確認します。しかし、148.79のしっかりしたブレークは、バイアスを下向きに転換させ、145.88のサポートに向けます。

テクニカル分析とサポート

151.89からの下落は、127.20からの上昇の修正と見なされ、既に140.25で完了した可能性があります。151.89/93のレジスタンスゾーンのしっかりしたブレークは、上昇トレンドの再開を確認し、次の目標は127.20からの151.89からの61.8%のプロジェクションである155.50になります。これは、140.25のサポートが保持されている限り、好ましいケースとなります。

トレード戦略

現時点では、USD/JPYの動きは中立的です。148.79のレジスタンスを下回る場合は、売りポジションを考える余地があります。一方、150.87を上回る場合は、買いポジションを検討する余地があります。151.89/93のレジスタンスをブレークすることができれば、更なる上昇が期待できますが、148.79のサポートを下回ると、下降トレンドに注意が必要です。

まとめ

USD/JPYは150.87からの調整を続けており、現在のバイアスは中立的です。148.79のサポートが維持される限り、再度の上昇が期待されます。しかし、151.89/93のレジスタンスをブレークすることができれば、より大きな上昇トレンドの再開が確認されます。140.25のサポートが続く限り、上昇トレンドが維持されると見られます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール