お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/3/14

市場動向と要因分析

USD/JPYの相場はレンジ相場が続き、一日のバイアスは中立的なままです。下値では、140.25から150.87までの上昇局面の38.2%リトレースメントレベルである146.81がしっかりと下抜けると、150.87からの下落が140.25からの全体の上昇を反転しているとの見解が強まります。この場合、さらなる下落が見込まれ、144.30やそれ以下の61.8%リトレースメントまで下げが進むでしょう。それでも、146.81からの強力なサポートがあること、さらに148.29の小さな抵抗ラインが突破されることで、150.87からの下落は単なる修正であり、既に完了しているとの見方が優勢になります。次に150.87の再テストが予想されます。

テクニカル分析とサポート

全体像では、151.89(2023年の高値)からの価格動向は127.20(2023年の安値)からの上昇トレンドの修正であるという見方に変化はありません。疑問は、この修正が140.25で完了したか、あるいは150.87からの下落を三番目の段階として延長しているかどうかです。前述の146.81のフィボナッチレベルがしっかりと下抜けすれば、後者のケースが有利になります。しかし、それでも、下値は127.20から151.89までの50%リトレースメントである139.54で抑えられるべきです。

トレード戦略

USD/JPYの一日のバイアスは現時点では中立的なままです。下値では、140.25から150.87までの上昇局面の38.2%リトレースメントレベルである146.81がしっかりと下抜けると、150.87からの下落が140.25からの全体の上昇を反転しているとの見解が強まります。この場合、さらなる下落が見込まれ、144.30やそれ以下の61.8%リトレースメントまで下げが進むでしょう。それでも、146.81からの強力なサポートがあり、さらに148.29の小さな抵抗ラインが突破されることで、150.87からの下落は単なる修正であり、既に完了しているとの見方が優勢になります。次に150.87の再テストが予想されます。

まとめ

全体的に、USD/JPYはレンジ相場が継続し、相場のバイアスは中立的なままです。上昇トレンドが途切れたわけではなく、140.25からの修正局面がいまだ完了しているかどうかが焦点となっています。146.81の重要なレベルが下抜けすれば、より強い下落の可能性が高まりますが、それでも50%のリトレースメントである139.54で下値が抑えられるでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール