お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/4/1

市場動向と要因分析

現在、USD/JPYは151.96の抵抗線の下にとどまっていますが、現在の回復にもかかわらず、中立的な傾向が続いています。短期的には、方向性はまず中立的です。下向きには、150.25のサポートラインを下回ると、短期的な天井が確認され、方向性が再び下向きに変わります。55日のEMA(現在149.25)への下押しも考えられます。ただし、151.93の重要な抵抗線を持続的に突破すれば、長期的な上昇トレンドの再開が確認されます。次の近い目標は、146.47からの150.87への140.25の61.8%プロジェクションである153.03です。

要因分析の観点から、151.87(2023年)の高値からの修正はすでに140.25で完了した可能性があります。127.20(2023年の安値)からの上昇は、長期的な上昇トレンドの一部として、おそらく再開の準備が整っています。151.93の抵抗線(2022年の高値)の決定的な突破がこの上昇ケースを確認します。次の中期目標は、140.25から151.89への127.20の61.8%プロジェクションである155.20です。もう1つの下落がある場合に備えて、146.47のサポートが保持される限り、これが好ましいシナリオとなります。

テクニカル分析とサポート

USD/JPYの日中バイアスは151.96のレンジトレードの下で中立的なままです。下向きには、150.25のサポートを下回ることで、短期的な天井が確認され、方向性が再び下向きに変わるでしょう。55日のEMA(現在149.25)への下押しも考えられます。ただし、151.93の重要な抵抗線を持続的に突破すれば、長期的な上昇トレンドの再開が確認されます。次の近い目標は、146.47からの150.87への140.25の61.8%プロジェクションである153.03です。

トレード戦略

151.87(2023年)の高値からの修正はすでに140.25で完了した可能性があります。127.20(2023年の安値)からの上昇は、長期的な上昇トレンドの一部として、おそらく再開の準備が整っています。151.93の抵抗線(2022年の高値)の決定的な突破がこの上昇ケースを確認します。次の中期目標は、140.25から151.89への127.20の61.8%プロジェクションである155.20です。もう1つの下落がある場合に備えて、146.47のサポートが保持される限り、これが好ましいシナリオとなります。

まとめ

USD/JPYは現在、151.96の抵抗線の下で中立的なトレンドが続いています。150.25のサポートが破られれば、短期的なトレンドは下向きに転じ、下落の方向性が強まる可能性があります。一方で、151.93の抵抗線を持続的に突破することで、長期的な上昇トレンドが再開されることが期待されます。将来の動向には注意が必要ですが、トレンドが続く限り、上昇が続く見通しです。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール