loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2023/12/13

市場動向と要因分析

金価格(XAU/USD)は心理的な抵抗レベルである1オンスあたり$2000に再び反発しようとしましたが、米ドルの強さがそれを阻止し、金価格は執筆時点で1オンスあたり約$1978で安定しました。米国のインフレが予想を上回った後、金市場は他の金融市場と同様に影響を受けました。最近、金の価格は今月初めに記録を更新して以来、下落していました。ただし、米国消費者物価指数(CPI)の持続的な低下により、投資家は金にとって好材料となる緩和的な金融政策の可能性に楽観的です。

テクニカル分析とサポートの視点から見た金価格の動向

金価格は過去1週間で2%以上下落しましたが、今年初めからはまだ9%以上上昇しています。金の姉妹商品である銀の価格も1オンスあたり23ドルを超えて上昇しています。銀の価格は過去1週間で7%下落し、今年初めからは4%下落しています。

トレード戦略

経済的には、11月の米国の年間インフレ率は3.1%に下落し、10月の3.2%から一致する予想になりました。月次では、消費者物価指数(CPI)は0.1%上昇し、エネルギーと食品の変動要因を除くコアインフレーションは年間基準で4%のままでした。最後に、コア消費者物価指数は0.3%上昇し、10月の0.2%から変わりませんでした。

次に、次のインフレ率発表は生産者物価指数(PPI)です。生産者物価とコア生産者物価指数は安定したままであると予想されています。全体として、金融市場はデータによりほぼミックスされ、投資家は水曜日の連邦公開市場委員会(FOMC)の政策会議に備えています。トレーダーのほとんどは米国の金利が一時停止することを期待しており、来年初めには連邦準備制度が金利を引き下げる可能性があります。

まとめ

最近のCNBCによる連邦準備制度の調査によれば、ほとんどの経済学者、アナリスト、および戦略家は6月に連邦準備制度が金利を引き下げると予測しています。また、ソフトランディングの可能性は47%で、次の12か月での景気後退の可能性は41%に減少しました。景気後退について、Brain Capitalのチーフエコノミストであるジョン・レインディング氏は次のように述べています。「連邦準備制度は、金利引き下げを開始し、それがインフレの低下を追い越し、実質金利が上昇する可能性があるため、より厳格な政策を表す金利引き下げを開始する必要があります。」

米国国債利回りはミックスで、10年債利回りは4.235%のままでした。2年債利回りは4.727%で変わらず、30年債利回りは1ベーシスポイント上昇して4.34%になりました。金は非利子性の貴金属を保有する機会コストに影響を受けるため、金利の動きに敏感です。

その他の金属商品価格において、銅先物は1ポンドあたり$3.775で安定しています。プラチナ先物は1オンスあたり$916.20で変わらず、パラジウム先物は1オンスあたり$969.00に上昇しました。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール