loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2023/12/20

市場動向と要因分析

アメリカドルへの圧力が依然として金価格(XAU/USD)を支え、1オンスあたりの心理的な抵抗レベルである2,000ドルを維持しています。技術的には、今週の反発の利益は1オンスあたり2,047ドルの抵抗レベルに達しました。その結果、アメリカ中央銀行の政策が来年に利上げを検討し始める可能性があるとの変化が、金融市場に大きな影響を与えています。

市場の動きによれば、ウォール街の米国株指数は上昇し、日本銀行が投資家に対して金利を緩和し続ける方針が世界全体の予兆となることを期待しています。トレードによれば、S&P 500指数は0.4%上昇し、約2年前に設定された記録にわずか0.8%の差しかありません。また、ダウ・ジョーンズ工業株価指数は過去最高値から198ポイントまたは0.5%上昇しました。同様に、ナスダック総合指数も0.4%上昇しました。

テクニカル分析とサポート

個々の株のパフォーマンスでは、太陽光発電産業向けのマイクロインバーターの製造業者であるEnphase Energyの株価が、世界中の従業員の10%を削減し、その他の合理化を行うと従業員に通知した後、6.9%上昇しました。同時に、原油価格が過去数か月で見られた急激な下落から回復し、石油・ガス会社の株も市場を押し上げるのに役立ちました。

海外の株式市場は主に静かな取引の中で混在のパフォーマンスを示しました。一方で日本は例外で、日本銀行が基準金利をゼロ以下に保つことを決定した後、日経225指数は1.4%上昇しました。明らかに、これは借入や支出を促進するためにこの決定を下したものです。

トレード戦略

総じて、S&P 500は10月下旬以来約15%上昇しており、ウォール街は同様のアプローチを期待しています。インフレは2年前の夏のピークから低下し、経済は引き続き成長しているため、2024年には米国の金利引き上げキャンペーンから離れる可能性が高まっています。連邦準備制度のパウエル議長は先週、来年の数回の利上げを期待するトレーダーに対して強く反対しなかったことから、その期待に合致するサインを示したようです。一般に、ウォール街の市場は低金利を好む傾向があり、これは投資価格を押し上げ、経済および金融システムに対する圧力を和らげるからです。

まとめ

さらに、期待されるのは、米連邦準備制度がほぼ不可能と見なされていたことを達成できるかどうかです。つまり、まず高金利を通じてインフレを抑制し、次に景気後退に陥る前に金利を引き下げることです。確かに、ウォール街指数の大きな動きからは、上昇が誇張されているとする批評家の意見があり、企業が得ている利益と比較して株が高く見えるという意見もあります。慎重な投資家たちも、2024年に期待される利下げの回数は、米国経済が景気後退に陥らない限りは起こりにくいと指摘しています。

一方で、先週のパウエルのコメント以来、一部の連邦準備制度の関係者は利下げの可能性についてより慎重な姿勢を見せています。たとえば、先週金曜日にはニューヨーク連邦準備銀行のトップが3月に金利を引き下げるかどうかについては「考えるのは早すぎる」と述べました。ただし、市場は熱狂的で、S&P 500は6年ぶりの最長連勝となる7週間連続で上昇しました。バンク・オブ・アメリカの顧客は先週、米国株から引き出した額よりも64億ドル多くを注ぎ込んでいます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール