loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/1/29

市場動向と要因分析

今週は、英国銀行と米連邦準備制度理事会からの発表が含まれ、米雇用統計の発表で終わる重要な週のXAU/USD金価格のパフォーマンスが良好なスタートを切りました。この分析の執筆時点では、金価格は1オンスあたり2,030ドル前後で安定しています。先週の取引では、米ドルの強さの影響で金価格が下方修正の道をたどり、重要な経済データの結果の影響を受けて、サポートレベルの1オンスあたり2,010ドルに向かう可能性があります。

テクニカル分析とサポート

デイリーチャートのパフォーマンスによれば、ブルたちは金価格(XAU/USD)の動向をコントロールしようとしています。先述の通り、サポートレベルの2,000ドルと1,985ドルに向かわなければ、下方向への初期シフトはありません。一方、同じ時間枠で、1オンスあたりの抵抗レベルが2,055ドルと2,070ドルの間にあり、トレンドのブルの強さと支配を維持し続けます。短期的には、世界的な地政学的緊張が金市場を強力に支えているため、引き続き金を全てのディップから買うことをお勧めします。

トレード戦略

米国のインフレ率は12月にさらに低下し、経済の「ソフトランディング」がより鮮明になってきました。先週金曜日に発表された内容によると、連邦準備制度が好むインフレ率の測定は、経済が引き続き急速に成長しているにもかかわらず、先月さらに減少しました。このトレンドは、経済管理に焦点を当てる可能性のある再選を目指す米国のジョー・バイデン大統領がホワイトハウスで歓迎するでしょう。

まとめ

最新のデータ全体から見ると、米国経済は困難な「ソフトランディング」を達成しており、景気後退なしに連邦準備制度の2%の目標インフレ率に低下しています。この結果により、連邦準備制度がインフレを抑制するために2022年3月以来11回引き上げてきた基準金利を引き下げることを考慮するのが容易になるかもしれません。さらに、高金利は借入コストを上昇させることで住宅や自動車の販売を抑制しました。企業も金利の上昇に怒っています。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール