loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/1/4

市場動向と要因分析

最近の市場では、強い米ドルと連邦準備制度(Federal Reserve)が将来の金利引き上げを示唆したことで、金価格は1%以上下落し、オンスあたり2,048ドルに低下しました。2024年には連邦準備制度による金利引き下げの期待が金価格を押し上げる可能性があり、そのポジティブな見通しは続いています。

テクニカル分析とサポート

2024年初めからの米ドルの上昇が、昨日金価格を1%以上押し下げました。直近の連邦準備制度会議の議事録の公開後には、将来の金利引き上げに強い信号が含まれており、トレーダーによる利益確定もあり、金価格はオンスあたり2,030ドルのサポートレベルまで下落しました。以前、私たちは2,068ドルの抵抗レベルから金を売るようにお客様にアドバイスしていました。現在、金はオンスあたり2,048ドルで安定しています。一般的に、3か月先物の米国金価格は1.6%の大きな損失を記録しています。

トレード戦略

金利引き下げの実際のタイミングと幅は年間を通じて受けたデータに依存すると追加しました。今週は、米国連邦準備制度の前回会議の内容を発表した後で、明日金曜日には12月の米国の求人機会と非農業部門雇用者数のデータが発表されます。

まとめ

金価格XAU/USDのデイリーチャートのパフォーマンスに基づいて、金価格は上昇トレンドを維持する可能性がまだあります。技術的には、サポートレベルであるオンスあたり2,000ドルと1,985ドルに向かわない限り、トレンドは崩れないでしょう。さらに、金市場は増加する世界的な地政学的緊張と新年における世界中央銀行の締め締め政策の放棄から依然としてポジティブなモメンタムを受けています。現在、トレンドのための最寄りの抵抗レベルはそれぞれ2,060ドルと2,075ドルです。金価格は、明日金曜日に発表される米雇用統計の反応まで現在のパスに沿って推移する可能性があり、これは米連邦準備制度の将来の政策とドルに強い影響を与えるでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール