お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/2/28

市場動向と要因分析

金価格は今週の取引開始以来、狭いレンジで動いており、この分析を行っている時点でオンス当たり2035ドル前後の安定した水準を保っています。前述の通り、市場や投資家の反応、そして米連邦準備制度が好む米国の成長率やインフレ率の発表に対する米ドル価格の反応が出るまで、パフォーマンスは狭い範囲内にとどまる可能性があります。

テクニカル分析とサポート

グラフを見ると、金価格のトレンドは強気の方向を維持しており、現在のトレンドが金価格がオンス当たり2055ドルと2070ドルの抵抗水準に向かうとさらに強化される可能性があります。明らかに、これは米ドルの利益が停滞し、世界的な地政学的緊張が高まった場合に起こる可能性があります。逆に、同じ期間内に、ベアリッシュなトレンドへの反転は、それぞれオンス当たり2000ドルと1985ドルのサポート水準に向かわない限り発生しないでしょう。

トレード戦略

CME FedWatchツールによると、投資家は6月の米国の利上げの可能性を52%と予想しています。これは、以前の予想とは対照的であり、3月初旬の利下げが期待されていました。その結果、これにより米国債の収益率が上昇し、10年債の収益率が4.27%に達しました。また、2年債の利回りは2ベーシスポイント上昇して4.71%に上昇し、30年債の利回りは4.38%で横ばいでした。

まとめ

全体的に見て、金価格は狭い範囲内で安定しており、世界的な需要の変化により、主要な抵抗水準である2055ドルと2070ドルで強気のトレンドが強化される可能性があります。一方で、米ドルの利益が停滞し、世界的な地政学的緊張が高まれば、ベアリッシュなトレンドへの反転も考えられますが、その際にはサポート水準に注目する必要があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール