お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/2/29

市場動向と要因分析

今週の取引の中盤において、金先物は安定し、投資家たちは木曜日に連邦準備制度が好むアメリカのインフレデータに備えています。金は全体的に勢いを得るのに苦労し、月間の損失が見込まれています。強い米ドルと高い米国債利回りの組み合わせが金相場を押し下げています。今日、金価格はオンス当たり2038ドルの水準で安定しており、分析作成時点ではこの水準を保っています。最終的には、金価格は2月に0.8%下落し、2024年初めから1.4%下落しています。

テクニカル分析とサポート

同じく今週の動向において、金の姉妹商品である銀の価格も下落を続け、オンス当たり23ドルを下回っています。白金属の価格は従来通り、2%の月次減少と、2024年の年初からの6%の損失に備えています。金融市場全体が第2四半期のGDP推計を分析しており、専門家は修正が物足りないと述べています。10月のGDP読み取りは3.2%を示し、修正は政府および消費者支出の増加、非居住者の私的投資の低下によるものです。

トレード戦略

今週の主要イベントは1月の個人消費支出(PCE)価格指数です。経済学者は、米国のPCEが月間で0.3%上昇し、食品やエネルギーの変動要因を除いたコアPCEが0.4%上昇すると予想しています。したがって、予想を上回る読み取りは、米連邦準備制度に米国の金利を長期間高水準に維持することを余儀なくされる可能性があり、これは非金利性の貴金属を保有する機会費用に影響を与えます。

まとめ

金市場に影響を与えるもう一つの要因は、米国債利回りが昨日一斉に下落したことです。10年債利回りは2.4ベーシスポイント減の4.291%に下落し、2年債利回りは4.1ベーシスポイント減の4.671%に、30年債利回りは1.7ベーシスポイント減の4.423%にそれぞれ下落しました。さらに、週の中盤に米ドルが強化されました。主要通貨に対する米ドル指数(DXY)は、103.83でオープンしてから103.98に上昇しました。一般的に、米ドル指数は月間で0.7%の増加を目指しており、2024年初めから現在までに2.6%上昇しています。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール