loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/2/5

市場動向と要因分析

先週の米国の雇用統計データにより、金価格(XAU/USD)は2028ドルまで下落しましたが、依然として強気の展開を見せています。米国の雇用統計が予想を上回ったことで、米ドルは先週の取引終了時に強い上昇を記録し、金価格は2028ドルのサポートレベルまで下落し、最終的には1オンスあたり2039ドルで取引を終えました。

テクニカル分析とサポート

先週、金価格は1オンスあたり2065ドルのレジスタンスレベルに達し、世界的な地政学的な緊張と中央銀行の追加の購入が引き続き金をサポートしています。XAU/USDの今日の分析(5月2日)によれば、グラフを見ると、金をいつ買うべきかが明らかになります。

トレード戦略

最近、債券市場での利回りの急上昇により株式市場は圧力を受けています。先月の米国の雇用統計が予想を上回ったことで、米ドルは強気となり、景気後退のリスクを抑える一方で、インフレへの上方圧力が続く可能性が懸念されています。これにより、連邦準備制度(Fed)が米国の利上げを遅らせる可能性があり、それが経済に対する圧力を和らげ、投資価格を押し上げることが期待されました。しかし、Fed議長ジェロム・パウエルはこれに慎重な見解を示し、利上げは期待されていたほど早くは始まらないと述べました。

まとめ

全体的に見て、米国経済は今年中にFedが一連の利下げを行うという債券トレーダーの信頼を試しています。1月の予想外の米国の雇用増加は、中央銀行がモノポリポリシーを緩和する必要性に圧力がないことを示し、持続可能な形でインフレが2%の目標に向かっているかどうかを見るための時間を与えました。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール