お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/3/20

市場動向と要因分析

本週初めから金相場が狭いレンジ内での値動きとなっているのは自然なことです。金融市場には慎重姿勢が見られ、米ドル高が継続しています。金取引プラットフォームによれば、週間の主要セッション開始前に金価格は2147ドル/オンスのサポートラインまで反落した後、2157ドル/オンス付近で一旦落ち着きを取り戻しました。現在、投資家は本週の米連邦準備理事会(FRB)の金融政策決定を待っています。FRBは広く予想されるように、本日は政策金利を据え置くと見られています。

テクニカル分析とサポート

しかし、米国の物価上昇率が予想を上回ったことから、6月の利下げ観測が後退していることから、トレーダーは緩和開始の手がかりを探るでしょう。一方、日本銀行はマイナス金利政策とイールドカーブ・コントロールを廃止する一方、オーストラリア準備銀行は政策金利を据え置いたものの、さらなる利上げ手がかりを削除しました。一方、経済カレンダーのデータによれば、ユーロ圏の2023年第4四半期の賃金上昇率は大幅に鈍化し、3月のドイツ投資家センチメントが予想を上回ったことから、欧州中央銀行が利下げを開始するタイミングが早まる可能性があります。

トレード戦略

金価格は先行きさらに下落するのか?2024年初来の金価格は、この商品の主要市場の動きを追うCFD取引で95.19ドル/オンス、4.62%上昇しています。さらに、世界のマクロ経済モデルとアナリスト予想によれば、金は今四半期末までに2067.94ドル/オンスで取引され、12か月後には2134.44ドル/オンスと予想されています。

一方の株式市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策決定を控えて、ウォール街の主要株価指数が上昇しました。市場では政策金利の現状維持が広く見込まれており、今後の利下げ頻度とタイミングに関する手がかりを示す「点頭図」が注目されます。取引プラットフォームによれば、S&P500種は0.5%高、ナスダック指数は0.3%高、ダウ平均は321ドル高となり、アップル株の1.3%上げが指数を支えました。ンビディア株はAI半導体の新製品を材料に1%高に反発しました。同社CEOはデータセンター市場が2500億ドルを上回る可能性を強調しています。

エッシー株は最大7%高後1.1%高、GMは1.07%高となった一方、メタ株は0.1%安、テスラ株は1.4%安と前日の上げ幅を返却。アルファベット株も反落しました。半導体株ではAMD株が4.8%安と6週間足らずの安値圏、インテル株は1.5%安と最低水準に近づきました。

まとめ

前述の通り、本週の金相場は狭いレンジでの値動きが続いていますが、本日のFRB会合を契機に強い一方向への動きに出る可能性があります。声明でFRBが新たな利上げスタンスを示した場合、米ドル高が加速し金売り材料となれば、2138ドル、2110ドルのサポートライン方向への動きが想定されます。一方、FRBが利上げ離れを示唆し利下げ開始時期が近づいたサインを出せば、金買い材料となり2200ドル/オンスのレジスタンスを上抜く展開も考えられます。本日のFRB声明内容を確認する必要があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール