お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/3/28

市場動向と要因分析

金市場は、過短期の取引週の中で別の記録的な高値を記録しました。アメリカ国債市場での損失の波の中で、金価格は上昇しました。一方で、米ドルの強さが金価格の上昇を抑制しました。筆者が分析を行った時点では、金価格は1オンスあたり2,200ドルの抵抗線に上昇し、その後、重要な英米経済データの発表前に1オンスあたり2,190ドルの水準で推移しています。

テクニカル分析とサポート

金取引プラットフォームによると、金価格は週間で1%の利益を達成する見込みであり、2024年初めからの上昇率を7%増やす見通しです。同様に、金の仲間である銀価格も1オンスあたり25ドルの水準を回復しようとしています。しかし、銀価格は週間で約4%の損失を記録し、2024年初めからの上昇率は3%未満になります。

トレード戦略

一般的に、投資家は米国の主要なインフレデータを熱望しています。連邦準備制度によって好まれる米国のインフレゲージである個人消費支出(PCE)は、月間で0.3%上昇する見通しです。食品やエネルギーなどの変動の激しい要素を除いたコア個人消費支出指数は、月間で0.4%上昇する見通しです。

一方、金融市場はインフレが緩和されるか加速されるかを注視しています。これは、米国の金利を6月の連邦公開市場委員会(FOMC)会議で引き下げるか遅らせるかを連邦準備制度に促す可能性があるため、データの重要な部分となっています。CME Fed Watchツールによると、先物市場では6月の会議で米国の金利引き下げの可能性が70%と予想されています。金利の引き下げは通常、金を保有する機会費用を減らすため、金にとって好ましい影響を与えます。

まとめ

米ドル指数(DXY)の上昇は金市場に影響を与えました。これは、他の主要通貨に対する米ドルの計測ですが、それにより金融資産の購入が外国投資家にとってより高価になります。また、世界的な地政学的緊張の増加と、世界中の中央銀行が金の買い増しを行っていることも金市場の強みです。これは、金価格が最近の記録的な上昇後に売りに転じていない理由です。明らかに、現在の強み要因の弱さと、今日のデータの後のドル価格の回復により、利益を確保するための売り取引を開始する機会が生じるかもしれません。技術的には、金の一般的な上昇トレンドは、それぞれ1オンスあたり2,120ドルと2,050ドルの支持水準に向かわなければ壊れることはありません。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール