お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/4/1

市場動向と要因分析

2024年第2四半期に入り、金価格は上昇ラリーを続け過去最高値を更新しました。米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測と地政学的緊張の高まりが背景にあります。主要金取引プラットフォームによると、金価格は過去最高の2,265ドル/オンスの抵抗線まで上昇しています。

4月1日のデータでは、FRBが重視する核心インフレ指標が2月に減速したことが示されました。この結果、FRBが年内に利下げに動く可能性が高まったとの観測が浮上しています。ただし、FRBは慎重な発言を継続しています。

金は2024年第1四半期で主要商品の中で最も値上がりが顕著で、8%を超える上昇となりました。主要中央銀行の金融緩和観測に加え、中東やウクライナでの地政学リスクの高まりで、金の避難先資産としての魅力が増しています。また、中央銀行や中国消費者による買い込みも価格の下支えとなっています。

テクニカル分析とサポート

金価格の上昇トレンドは力強さを増しており、現在の上げ幅ですべてのテクニカル指標が強気の買いシグナルを示す飽和状態に達しています。現在の上げ要因が持続すれば、2,300ドル/オンスの記録的高値に早期到達できる可能性があります。一方、2,000ドル/オンスの大台も強気モメンタムの継続にとって重要な心理的レジスタンスラインとなるでしょう。

トレード戦略

この1週間の金価格は、米雇用統計や連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長など政策当局者の発言に対する市場の反応やドル相場の動向に左右されると予想されます。利下げ観測が高まれば金高を後押しし、逆にFRBがタカ派姿勢を強めれば金安に振れる可能性があります。

まとめ

地政学リスクの高まりや金融緩和期待から金の投資魅力が増し、中央銀行や中国消費者の買い注文も価格の押し上げ要因となっています。金価格は過去最高値を更新する局面を迎えており、2,300ドル/オンスが視野に入ってきました。ただし、利上げ観測の高まりはその上値抑制要因となる可能性があります。投資家は米金融政策の行方を注視する必要があるでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール