お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/4/8

市場動向と要因分析

先週の取引終了時に金先物は新記録高をつけ、新たな強気の取引週を迎えました。金相場は全体的に強い上昇トレンドを続け、勢いが衰える兆候は見られませんでした。トレジャリー利回りや米ドルが上昇しても、より多くの投資家が金を買うことで、金価格は今月末までにオンス当たり2,400ドルを目指す可能性があります。

テクニカル分析とサポート

金先物は2,330.30ドルまで上昇し、約4%の3週連続の上昇を記録し、2024年の年初からの13%の年間増益に加えています。同様に、金の姉妹商品である銀の価格も取引週の終わりに上昇し、オンス当たり27.38ドルまで上昇しました。その結果、白金属の価格は、14%の年間増益に加えて、9%の週間上昇を楽しむことになりました。

トレード戦略

米国金融市場は、予想を上回る3月の雇用データに焦点を当てました。経済カレンダーデータの結果によると、米国経済は総計で30万3千の新規雇用を追加し、失業率は3.8%に低下しました。平均時給は月間で0.3%上昇し、年率で4.1%に低下しました。さらに、労働参加率は62.7%に上昇し、週間平均労働時間は34.4に上昇しました。政府および関連部門が雇用の増加を牽引しました:医療(72,000)、政府(71,000)、社会支援(9,000)。さらに、建設分野では3万9千の雇用が創出され、レジャー・ホスピタリティの雇用者数は4万9千、小売業の雇用者数は1万8千増加しました。

まとめ

金市場は依然として6月の連邦公開市場委員会(FOMC)政策会合での利上げの61%の確率を予測していますが、金価格は鳩派的な見方を無視しています。金市場は利上げの変動に敏感であり、それは利益を生み出さない金を保有する機会費用に影響します。同時に、金価格は10年債利回りとドルの急上昇を無視しています。同様に、米ドル指数(DXY)は104.12から104.43に上昇しました。結果として、米ドル指数DXYは週間で0.2%の下落を記録する見込みですが、年初来では3%の上昇です。上昇する米ドルは、外国投資家にとってドル建ての商品を購入する際に費用がかかるため、ドル建ての商品にとってはベアな要因となります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール

フォワードテスト稼働ブローカー

ストア紹介文

ストアバナー画像

ストア画像

ストア名

EAファイル

認証用ロジックを組んだex4/5ファイル

 ご自身が開発したか、または使用しているExpert Advisor(EA)の.MQ4/5ファイルに専用の口座認証及び取引履歴をデータ化するロジックを加えてコンパイルしてください。

出品用のEAの作成方法はこちら▶

出品EA作成代行も承っております!

認証用ロジックを組み込む手順を運営にて代理で対応させていただくことも可能でございます。
ご希望の際は、出品時にMQL4/5形式のままでアップロードいただければご確認させていただきます。
なにかご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの運用方法

EAの稼働を見送るタイミング

苦手な相場

得意な相場

クローズ条件

エントリー条件

おすすめのブローカー

無料版が利用できる
提携ブローカー

月利目安

推奨証拠金

キャッチコピー

フォワード計測口座タイプ

最大ストップロス

シンボル

時間足

マーチンゲール

最大ポジション数

マジックナンバー

バックテスト(gif)

バックテスト(HTML)

商品画像

カテゴリ

セール価格

価格

EA名