loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/1/10

市場動向と要因分析

最新のUSD/JPY(米ドル/円)の市場動向を見てみましょう。現在、相場は横ばいのトレンドが続いており、インデイトレーディングのバイアスは中立的です。特に、145.97を上回ると、140.25からの反発が再開される可能性があります。ただし、上昇は151.89から140.25までの下落の61.8%リトレースメントである147.44で制限される見込みです。一方、143.17を下回ると、小さなサポートが下方のバイアスに転換し、140.25の安値を再テストする可能性があります。

テクニカル分析とサポート

テクニカル分析から見ると、現在のUSD/JPYの展望はどのようでしょうか。145.97の抵抗を上回ることができず、143.17の小さなサポートの前で回復しました。現時点でのインデイトレーディングのバイアスは中立です。上向きの場合、145.97を上回ると、140.25からの反発が再開されるでしょう。ただし、上昇は151.89から140.25までの下落の61.8%リトレースメントである147.44で制限される見込みです。一方、143.17を下回ると、バイアスが下向きに転換し、140.25の安値を再テストする可能性があります。

トレード戦略

現在の市場動向を考慮して、USD/JPYにおける効果的なトレード戦略は何でしょうか。145.97を上回る場合は、短期の反発が期待されますが、その上限は147.44であることに留意する必要があります。逆に、143.17を下回ると、下降トレンドが続く可能性があります。トレーダーは慎重にサポートとレジスタンスのレベルを観察し、適切なエントリーポイントとリスク管理を考慮することが重要です。

まとめ

要因分析とテクニカル分析から得られる情報を踏まえ、現在のUSD/JPYの見通しをまとめましょう。現在、市場は横ばいの傾向が強く、トレーダーは特に145.97と143.17のレベルに注目する必要があります。これらの水準を超えるか下回るかによって、将来の動向が大きく左右される可能性があります。トレーダーは慎重な分析とリスク管理を行いつつ、市場の変動に柔軟に対応することが求められます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール