【FX自動売買】システムトレード完全ガイド|Forex Guide

FX自動売買に関するお役立ち情報を更新中!

articles

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2023/12/04

下降傾向が続く中、今後の展望は?

米ドル/日本円(USD/JPY)におけるテクニカル分析とファンダメンタル分析を踏まえ、現在の状況と将来の展望について探ります。

テクニカル分析

現在、USD/JPYの日中のバイアスは下向きのままです。151.89からの下落が進行中で、主要なサポートレベルである145.06を目指すべきです。上向きに転じるには、148.50の抵抗を突破することが必要であり、そうでなければ、回復の場合でもさらなる下落が優勢となります。

大局的には、127.20(2023年の安値)からの上昇は、151.93(2022年の高値)からのパターンの第2の段階と見なされています。145.06のサポートが転じてレジスタンスになる決定的な突破があれば、第2の段階が完了したことが確認され、151.93の拒絶後のものとなります。145.06からの強い反発は、中期的なブルシュネスを維持し、後の段階で151.93を再テストする可能性があります。

ファンダメンタル分析

本日の経済指標では、日本の11月のマネタリーベース(前年同月比)が8.9%から9.0%に上昇し、期待を上回りました。これは、日本の金融環境の改善を示唆しています。一方で、ドイツの10月の貿易収支は178億ユーロで、予測より低くなりましたが、前回の165億ユーロを上回りました。

トルコの11月の消費者物価指数(CPI)は、前月比3.28%、前年同月比61.98%となり、市場予測を下回りました。これはインフレ圧力の低下を示唆しています。スイスの11月の消費者物価指数は前月比-0.2%で、市場予測に反して下落しました。

最後に、米国の10月の製造業新規受注は前月比-2.6%となり、市場予測の2.8%に対して低下しました。これは米国の製造業における一定の減少を示唆しています。

まとめ

USD/JPYは下降傾向が続き、テクニカル分析とファンダメンタル分析の両方から支持されています。今後の動向に注目が必要であり、特に148.50のレジスタンスの突破や145.06のサポートの崩壊が鍵となります。また、経済指標の結果も市場の方向性に影響を与える可能性があります。

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール

フォワードテスト稼働ブローカー

シストレ.COM フォワード計測 ルール

ストア紹介文

ストアバナー画像

ストア画像

ストア名

EAファイル

認証用ロジックを組んだex4/5ファイル

 ご自身が開発したか、または使用しているExpert Advisor(EA)の.MQ4/5ファイルに専用の口座認証及び取引履歴をデータ化するロジックを加えてコンパイルしてください。

出品用のEAの作成方法はこちら▶

出品EA作成代行も承っております!

認証用ロジックを組み込む手順を運営にて代理で対応させていただくことも可能でございます。
ご希望の際は、出品時にMQL4/5形式のままでアップロードいただければご確認させていただきます。
なにかご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの運用方法

EAの稼働を見送るタイミング

苦手な相場

得意な相場

クローズ条件

エントリー条件

おすすめのブローカー

無料版が利用できる
提携ブローカー

月利目安

推奨証拠金

キャッチコピー

フォワード計測口座タイプ

最大ストップロス

シンボル

時間足

マーチンゲール

最大ポジション数

マジックナンバー

バックテスト(gif)

バックテスト(HTML)

商品画像

カテゴリ

セール価格

価格

EA名