【FX自動売買】システムトレード完全ガイド|Forex Guide

FX自動売買に関するお役立ち情報を更新中!

articles

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/1/11

市場動向と要因分析

最新の市場動向を見ると、USD/JPYは145.97を上限にしたまま、横ばいの展開が続いています。現時点では、日中のバイアスは中立的な状態が続いています。この状況は、140.25からの反発が続いていることを示しています。

要因分析では、145.97を上回れば、再び上昇トレンドが始まる可能性がありますが、その際には151.89から140.25への調整の過程で設定された61.8%のリトレースメントである147.44で上限が控えているでしょう。一方で、143.17を下回ると、中立的な状態から再び下降トレンドが強まり、140.25の安値を再テストする可能性があります。

テクニカル分析とサポート

テクニカル分析から見ると、151.89からの下落は、現時点では151.89からの調整パターンの三番目のレッグと見なされています。140.25を再度割れると、127.20から151.89までの上昇幅の61.8%にあたる136.63を目指すことが考えられます。もし136.63を維持的に割ることができれば、2022年の安値である127.20までのサポートが見込まれます。ただし、147.44のフィボナッチ・レジスタンスを堅く突破すると、この見方は弱まり、代わりに151.89の再テストがもたらされる可能性があります。

トレード戦略

現在の状況を考慮すると、USD/JPYは横ばいの展開が続いていますが、145.97を上回るか、143.17を下回るかに注目が集まります。上昇トレンドが再開される可能性がある一方で、下降トレンドが強まる可能性も考慮しなければなりません。

トレーダーは、市場の動向に慎重に注意を払い、特に147.44のレベルが重要なサポートとなる可能性があるため、この水準の変化を注視するべきです。

まとめ

現在のUSD/JPYの状況を総括すると、市場は横ばいの展開が続いており、上昇トレンドと下降トレンドの双方の可能性が依然として存在しています。トレーダーは慎重に市場を観察し、特に145.97と143.17のレベルに注目するべきです。将来的な動向に備え、トレード戦略を検討する際には、技術的な要因だけでなく、基本的な要因も考慮することが重要です。

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール

フォワードテスト稼働ブローカー

シストレ.COM フォワード計測 ルール

ストア紹介文

ストアバナー画像

ストア画像

ストア名

EAファイル

認証用ロジックを組んだex4/5ファイル

 ご自身が開発したか、または使用しているExpert Advisor(EA)の.MQ4/5ファイルに専用の口座認証及び取引履歴をデータ化するロジックを加えてコンパイルしてください。

出品用のEAの作成方法はこちら▶

出品EA作成代行も承っております!

認証用ロジックを組み込む手順を運営にて代理で対応させていただくことも可能でございます。
ご希望の際は、出品時にMQL4/5形式のままでアップロードいただければご確認させていただきます。
なにかご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの運用方法

EAの稼働を見送るタイミング

苦手な相場

得意な相場

クローズ条件

エントリー条件

おすすめのブローカー

無料版が利用できる
提携ブローカー

月利目安

推奨証拠金

キャッチコピー

フォワード計測口座タイプ

最大ストップロス

シンボル

時間足

マーチンゲール

最大ポジション数

マジックナンバー

バックテスト(gif)

バックテスト(HTML)

商品画像

カテゴリ

セール価格

価格

EA名