loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/08

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/08

木曜日(12月7日)、ドル/円は、ほぼ1年ぶりの最大単日下落率を記録しました。ドルは円に対して2.62%下落し、終値は143.46で、初めての下げは一時3.8%に達し、当日の最安値は141.70でした。日本の中央銀行の総裁である植田和男氏は木曜日に述べ、一旦中央銀行が短期の借入コストを負の領域に引き上げると、その中央銀行がどの利率を目標にするかに関する選択肢がいくつかあると述べました。昨夜の日本の中央銀行総裁の発言は、最終的に中央銀行が正の金利帯域に戻るだろうという賭けにロケット燃料を供給しました。市場はこれを変化の兆しと見なしています。欧米の主要経済体の中央銀行が利下げに転じる見通しの中、日本の中央銀行は通貨政策を引き締める見通しであり、これは投資家が円買いポジションを構築する興味を高めています。今夜はアメリカの雇用統計データが登場し、注視が必要です。データが予想を上回る強さを示す場合、ドル/円は空売りの利益確定のためのトレードが発生する可能性があります。逆に、雇用市場の緩やかな拡大が反映される場合、ドル/円は引き続き下落する可能性があります。日足チャートでは、ドル/円のボリンジャーバンドの口が拡大し続けており、為替レートはボリンジャーバンドの下限に密着しています。技術的な指標は超売られた領域に向かって強力に進展しており、ドル/円の空売り勢力が強力であることを示しています。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/08


木曜日(12月7日)、円の大幅な上昇の影響を受けて、ドル指数は当日わずかに下落しましたが、豪ドル/米ドルはいくぶん回復し、その日の上昇率は0.81%で、クローズは0.6602でした。前数取引日、豪ドル/米ドルは下落しましたが、市場はオーストラリアの利上げへの期待が逆転したこと、金利先物の動向が再び利上げの可能性を排除し始めたことが原因でした。しかし、豪州準備銀行の最新の通貨政策声明からは、豪州準備銀行が2%〜3%のインフレ目標を再確認し、この目標を達成するにはまだかなりの時間がかかると述べています。これからも豪州準備銀行は通貨政策で鷹派の立場を維持していることがわかります。つまり、利上げがあろうとなかろうと、豪州準備銀行は現在の金利水準を相当な期間維持するでしょう。これはある程度まで豪ドルを支える可能性があります。日足チャートでは、豪ドル/米ドルは一時的に0.6520の水準でサポートを受けており、技術指標は中立であり、方向性はあまり明確ではありません。もし為替レートが0.66を上回る水準で維持されれば、豪ドル/米ドルは上昇トレンドを継続する可能性があります。一方で0.6520を下回れば、上昇トレンドが逆転するリスクが高まります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール