loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/11

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/11

先週金曜日(12月8日)、アメリカが力強い雇用統計データを公表した後、ドル指数は0.3%上昇し、ドル/円は0.52%上昇して144.93で終了しました。アメリカ労働統計局によれば、11月の非農業雇用は19.9万人増加し、ロイターの調査を受けた経済学者たちは以前に18万人増加すると予測していました。雇用レポートによれば、失業率は3.7%に低下し、これは金融市場が連邦準備制度が2024年第一四半期に利上げを始める可能性についての期待がまだ早すぎると見なしていることを示しています。このため、ドルは金曜日にサポートを受けて上昇しました。日本の11月の雇用データ発表後、円は下落しましたが、少し前には1.2%上昇し、木曜日には急上昇して2%上昇しました。これは、日本の中央銀行総裁である植田和男が、中央銀行がマイナス金利政策を終了する時期について最も明確な指針を示したことで、円が大幅に上昇したものです。日本の中央銀行の上層部の通貨政策の姿勢の変化は、一定の期間内に円の方向転換の最大の推進力となるでしょう。しかし、日本の中央銀行がなかなかマイナス金利を終了しない場合、円の上昇余地は制約される可能性があります。今週初め、予想を上回るアメリカの非農業データは依然として影響を残し、トレンドに従ってドルに一定のサポートを提供することになります。また、ドル/円が急落した後の熊市回復取引も続くでしょう。上方の抵抗はそれぞれ146.20、147.30にあり、下方のサポートはそれぞれ144.00、143.20にあります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/11

先週金曜日(12月8日)、豪ドルは米ドルに対して0.32%下落し、0.6579で終了しました。強力な雇用統計データに支えられたドルの上昇が、豪ドルの後退を引き起こしました。先週、豪ドル/米ドルは1.1%下落し、その一因は豪州中銀が火曜日に利上げを維持したことです。また、会議声明では完全雇用目標が触れられ、これが豪州中銀が通貨政策を大幅に変更する可能性が低いことを示唆しています。このため、市場では一般的に、豪州中銀の金融引き締め政策は終了したと見なされ、2月の利上げの可能性はわずか10%と考えられています。予測では、豪州中銀の次のステップは利下げであり、これは来年8月に実施され、総緩和幅は27ベーシスポイントになると予想されています。豪ドルの利上げ期待の変化が、短期間にわたり豪ドルに圧力をかけ続けています。日足チャートでは、豪ドル/米ドルはブリンバンドの通道中央線である0.6565の水準に密着しており、技術指標は下降傾向を示しています。上記のブリンバンドの通道中央線を下回ると、豪ドルの短期的な下落が明白になります。0.6620を上回る終値が確立されない限り、下落の傾向は逆転する見込みはありません。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール