loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/12

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/12

月曜日(12月11日)、ドル/円は一時146.58まで上昇し、終値は146.14で、その日の上昇率は0.85%でした。円/ドルはほぼ先週木曜日の大部分の上昇を取り消しました。先週木曜日、円が急騰した主な要因は、日本の中央銀行総裁である植田和男氏が、短期の借り入れコストが負の領域を離れれば、中央銀行は金利目標の設定に複数の選択肢があると述べたことでした。しかし、Bloomberg Newsは月曜日、知情者の情報に基づいて、日本の中央銀行の役員たちは、今月に超緩和的な金融政策を終了するには賃金の成長が合理的でないとの証拠をまだ見ていないと報じています。また、植田氏の先週の発言は実際には、負の金利政策を終了する意向を具体的に示していない実態があります。負の金利終了の期待が後退し、非農業部門の強力な回復によるドルの上昇の影響を受け、ドル/円は先週の下落幅を縮小しました。これからは、トレーダーたちの注目が米国の火曜日の消費者物価指数データと水曜日の利上げ会議に向けられるでしょう。月曜日に公表されたニューヨーク連邦銀行の調査によれば、ガソリンおよび家賃の上昇が鈍化するとの予測に伴い、11月のアメリカの消費者の1年先のインフレ予想は2年ぶりの最低水準に低下しました。また、市場は今月の利上げ会議で、連邦準備制度理事会が静観の姿勢を崩さないと予測しています。これらの予測が現実のものとなれば、ドル/円の上昇は一時的に停滞する可能性があります。時間足のチャートを見ると、ドル/円は146.40付近で抵抗を受け、過買いの調整が見られます。日足のチャートでは、ドル/円はまだ下降トレンドの中にあり、下方のサポートとなる145.00は重要です。これを下回れば、ドル/円は下降トレンドを継続するでしょう。一方で、147.50-148.00の領域を突破すれば、ドル/円の全体的なトレンドが根本的に変わる可能性があります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/12

月曜日(12月11日)、オーストラリアドルは米ドルに対して0.17%下落し、0.6566で終了しました。週末のデータによれば、中国の11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で3年ぶりの最大の単月減少となり、これが人民元の下落を引き起こし、通常、人民元の流動性の代替とされるオーストラリアドルもそれに連れて下落しました。今週は重要なイベントがいくつかあり、火曜日にはアメリカの消費者物価指数(CPI)が発表され、その後には連邦準備制度理事会(Fed)、欧州中央銀行、およびイギリス中央銀行が利上げの決定を発表します。特にFedの会議が非常に重要であり、もし会議が利上げを維持し、かつFed議長パウエルがドル金利の動向について強硬な発言をしない場合、オーストラリアドルは上昇する可能性があります。一方、パウエルが来年の利下げに慎重な態度を示すと、オーストラリアドルは圧力を受けるでしょう。日足チャートを見ると、ボリンジャーバンドの範囲が収縮しており、強い傾向がないことを示しています。もし終値がすでにテストされた低水準の0.6529よりも低い場合、すなわち10月/12月の上昇幅の38.2%の回帰水準未満であれば、売りの傾向が見られるでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール