loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2023/12/21

米国経済指標の発表を待つ中、主要通貨ペアは相対的に穏やか

木曜日の朝、投資家たちは米国経済分析局が第三四半期の国内総生産(GDP)データの最終修正版を発表するのを待っていました。また、米国経済カレンダーには週次失業申請と12月のフィラデルフィア連邦準備銀行製造業調査も掲載されます。

米ドルが一部回復、リスクセンチメントの影響で動きやすい

先週水曜日の前半に軟化した米ドル指数(USD)は、日の終わりにわずかな上昇で一日を終えました。主要なウォールストリート指数の弱気相場に反映されるネガティブなシフトが、米ドルにアメリカ市場で需要をもたらしました。また、楽観的な消費者センチメントと住宅データもこの通貨を支えました。木曜日の朝、USD指数は102.50以下で横ばいのフェーズに入ったようです。アメリカの先物指数はヨーロッパの朝にプラス圏で取引され、10年債利回りは3.9%に向かって回復しています。第三四半期の米国GDP成長率は5.2%と予想されています。

EUR/USDは下降トレンド、1.0950近辺で揺れ動く

今週初めの2日間を緑地帯で終えた後、EUR/USDは水曜日に下落しました。木曜日の朝、この通貨ペアは1.0950近辺で狭い範囲内で揺れ動いています。

英ポンドはインフレデータの影響で安定、金曜日には小売データとGDPが注目

予想よりも弱いイギリスのインフレデータに続く急落の後、GBP/USDは木曜日に1.2650以下でわずかに安定しました。金曜日にはイギリス国立統計局が小売データと第三四半期のGDPデータを発表します。

USD/JPYは強気トーンを保ち、12月の日銀政策会合が注目

先週の水曜日に日本銀行(BoJ)の政策発表に続く急騰の後、USD/JPYは木曜日に143.00近辺で立て直しました。12月の国内消費者物価指数とBoJ政策会合の議事録は、金曜日の取引初めに新たな刺激を探るために注目されます。

USD/CADが強気に回帰、カナダの小売データが焦点

1.3300近辺で数か月ぶりの安値をつけた後、USD/CADは水曜日にプラス圏で取引を終えました。原油価格の調整が続く中、商品に敏感なLoonieはUSDに対抗するのが難しかったです。カナダ統計局は今日、10月の小売売上高データを発表します。

金価格は下落も、米国債利回りの低下で支えられる

水曜日には2030ドル近辺まで下落したゴールド価格ですが、米国政府債券利回りの低下がXAU/USDの下落を抑制しました。木曜日の朝、この通貨ペアは2040ドル以下で狭い範囲内で動いています。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール