loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/1/12

市場サマリー

昨日、ドル指数はわずかに0.06%下落し、102.34で終了しました。主要な非ドル通貨は一般的にわずかに上昇し、ポンド/ドルは0.07%上昇し、1.2752で終了しました。ユーロ/ドルは0.04%上昇し、1.0977で終了しました。ドル/スイスフランは0.07%下落し、0.8502で終了しました。国際的な現物金は0.1%上昇し、1オンスあたり2027.30ドルで終了しました。

ドル指数

新年から、市場は一部が以前よりも早い段階での連邦準備制度による追加の利下げに対する楽観的な期待を修正し、ドル指数は一部反発しました。先週、一時103を超える上昇を見せ、今週は102の水準を中心に揺れ動き、昨日は102.34で終了しました。

経済データでは、先週公表されたアメリカの12月のISM製造業PMIデータは47.4を記録し、前回よりも上昇していましたが、新規受注と価格のサブ指数は前回よりも低く、その後公表されたISMサービス業指数は予想外に50.6に低下し、昨年3月以来の最大の減少となりました。アメリカの一部の経済データは一部弱化していますが、他の非米国の経済と比較して、アメリカ経済の基本的な側面は依然として優れており、引き続きドル指数を支える可能性があります。雇用の面では、アメリカの12月の非農業雇用人口は21.6万人増加し、市場の予想を上回り、失業率は3.7%で維持され、アメリカの労働市場が依然として安定していることを示しています。通貨政策の面では、先週公表された12月の連邦準備制度の会議議事録によれば、連邦準備制度は将来の利上げの道はまだ不確定であり、将来の利上げの可能性を排除していないとしています。同時に、いくつかの意思決定者は高い金利がより長く続く可能性があると考えています。議事録全体としては依然として強気の傾向があり、市場の利下げの予想が一部後退し、ドル指数に一定のサポートを提供しています。

技術的な側面を考慮すると、ドル指数は日足のチャートでボリンジャーバンドの中間近くを移動しており、MACD指標の赤いモメンタムバーが強化されています。総合的に、雇用が比較的安定しており、アメリカ経済が依然として安定している状況では、連邦準備制度は通貨政策を急速に転換するのは難しいでしょう。ドル指数は引き続きアメリカの経済データと連邦準備制度の通貨政策期待の影響を受けて、範囲内で揺れ動く傾向があり、大幅な下落の空間は比較的に限られているでしょう。

ユーロ/ドル

先週、ドル指数の反発の背景に欧州は1.09近くまで下落し、今週は1.09を中心に揺れ動き、昨日は1.0977で終了しました。

インフレデータでは、先週公表されたユーロ圏12月のCPIは前年比2.9%増となり、前回の2.4%を上回っていましたが、コアCPIは前回よりもさらに3.4%増加し、ユーロ圏のインフレが引き続き減少傾向にあることを示しています。他の重要な経済データを見ると、先週公表されたユーロ圏12月PMI最終値データはわずかに上昇していましたが、全体的には景気の谷底状態が続いており、ユーロ圏経済の成長が弱いままであることを示しています。高い金利環境がユーロ圏経済に対して不利な影響を与えており、欧米の経済基本面の分化がユーロに対して大きな圧力をかけています。通貨政策の面では、欧州中央銀行は12月の金融政策会議で予想どおり利上げを停止しましたが、意外にも鷹派の立

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール