loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/1/29

市場サマリー

先週金曜日の外国為替市場では、米ドル指数が0.01%下落し、103.47で終了しました。ユーロ/ドルは0.07%上昇し、1.0854で終了しました。ポンド/ドルは0.08%下落し、1.2700で終了しました。国際現物金は0.13%下落し、1オンスあたり2017.92ドルで終了しました。

米ドル指数

先週公表された1月の米国製造業およびサービス業のPMI、四半期のGDPは予想を上回る結果となり、米国の経済がソフトランディングするという期待が一時的に米ドル指数を104の大台に近づけました。その後、予想を上回る下落した米国のPCEインフレデータが米ドル指数のさらなる上昇を制限し、米ドル指数は103.5近辺で横ばいの振れを見せました。今後を展望すると、新年から米国の経済データが予想を上回る反発が見込まれ、政策立案者が利下げの時期を延期する可能性があり、3月の米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げの可能性が低下しており、米ドル指数が高水準を維持する要因となる可能性があります。今週はFRBの政策金利会合が行われる見通しで、会合前の米ドル指数は狭いレンジでの振れが予想されます。市場の予想では、今回の会合でFRBが静観すると予想されており、声明文が今後の政策方針を示すかどうかが注目され、米ドル指数の今後の動向の方向性を指し示すでしょう。

ユーロドル

先週、ユーロは振動する下降トレンドを続け、週間で0.4%下落し、一時的に1.0813まで下落しました。先週の欧州中央銀行(ECB)の政策金利会合では、金利水準を据え置く方針が維持されましたが、ECBは慎重な姿勢を示し、利下げについては触れませんでしたが、インフレの下降傾向が続いていることを指摘し、2023年第4四半期にユーロ圏の経済が停滞する可能性があると述べました。将来の政策方針の指針を待ち望んでいる中で、主要な中央銀行が利下げサイクルに入る見通しの中、市場は引き続きデータと政策のさらなる指針を待っています。先週発表されたユーロ圏のPMIは依然として弱い状態であり、製造業PMIは46.6であり、予想を上回りましたが、依然として50の景気循環の分かれ道を示すラインを大幅に下回っています。サービス業PMIは48.4であり、予想に届いていません。ユーロ圏の経済見通しに対する懸念を背景に、市場は引き続きECBの利下げを賭けており、OIS市場によると、ECBが4月に利下げを開始する確率は68%に達しています。経済の基本的な要因により、ユーロは弱い振れを維持する可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール