loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/2

市場サマリー

最近、市場では米国連邦準備制度理事会(FRB)が利下げする期待の変化とリスク感情の波乱が、外国為替市場のトレンドを支配し続けています。これら2つの要因の影響を受け、ドル指数は昨年第4四半期に若干弱含みましたが、全体的には限定的な下落であり、既存のレンジ内での揺れが主体であり、下方のサポートが明確です。昨日、ドル指数はわずかに0.4%下落し、103.05で終了しました。非ドル通貨の多くがわずかな回復を見せ、ユーロは1.0872で、ポンドは1.2744で、スイスフランは0.8578で終了しました。

米ドル指数

最近の米国の重要な経済指標のパフォーマンスを見ると、高金利が経済に与える制限的な影響は比較的安定していることがわかります。2023年第4四半期のGDPは前期比年率で3.3%増加し、予想の2.2%を上回りました。個人消費は前期比で0.7%増加し、予想の0.5%を上回りました。12月の総合PMIは52.3で、予想の51を上回りました。インフレに関しては、12月の消費者物価指数(CPI)は3.2%から3.4%にさらに反発し、コアCPIは4.0%から3.9%にわずかに低下しました。全体的に、インフレ水準は前期の高水準からの回落が見られますが、再びリスクが存在しています。

全体的に、市場は去年第4四半期以来、FRBの利下げ期待が主流になっていますが、米国の経済基礎は他の主要な先進国や地域よりも相対的に有利であり、この状況下でFRBのインフレへの関心は変わりません。最近の関連データのパフォーマンスもFRBの通貨政策をさらに慎重にし、1月のFOMC会合声明ではインフレへの懸念が示され、会合後の連邦基金先物市場では3月のFRB利下げの確率が最低35%に低下しました。全体的には、2024年にFRBが利下げサイクルに入るという基本的な期待は変わりませんが、具体的な利下げ開始時期は依然として不確実です。短期間では、ドル指数は一定程度、通貨政策とリスク回避感情の支持を受け、関連する重要データのパフォーマンスに応じて既存のレンジ内で揺れ動き、短期間の急激な下落の余地は比較的に限定されると予想されます。

ユーロ/ドル

現在の市場状況から見ると、ドルの強弱はユーロのトレンドに最も影響を与えています。基本的な要因からは、欧州中央銀行(ECB)はインフレに対して比較的慎重な姿勢を取っていますが、最近のインフレデータはユーロ圏の全体的なインフレ率が2.8%であり、依然として3%以下の範囲内にとどまっていることを示しています。一方、コアインフレ率は3.3%にさらに低下し、明らかな持続的な下落傾向を示しています。また、最近の他の重要な経済データから見ると、ユーロ圏全体の経済成長が弱い状況が変わっていないこと、高金利水準下でのユーロ圏と米国の経済基礎の違いがユーロに大きな圧力をかけています。インフレ圧力が徐々に緩和され、高金利が基礎に及ぼす制限的な効果が明白であり、世界の主要な中央銀行が利上げサイクルの後半に入っている状況を考慮すると、ECBの通貨政策がユーロを持続的に支援するのは難しいと予想されます。さらに、高金利環境下での潜在的な債務危機のリスク、地域内の地政学的リスクなど、一連の不利な要因が重なり、ドルのトレンドが完全に逆転する前にユーロが大きなサポートを得ることは難しいと予想されます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール