お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/12

市場サマリー

最近、外国為替市場の動向を主導している主要な要因は、米国連邦準備制度の利下げ期待の変化とリスクセンチメントの波乱です。これらの要因の影響を受けて、先週ドルは103以下に調整されました。昨日、ドル指数は一時下落を止め、102.87で終了しました。非ドル通貨の多くはわずかに下落し、ユーロは1.0926で、ポンドは1.2814で、スイスフランは0.8774でした。

米ドル指数

最近の米国の主要な経済データのパフォーマンスから見ると、高金利は経済に制約をかける作用は相対的に安定していますが、一部の雇用データには変動が見られます。先週発表されたADPデータによれば、2月の雇用者数は14万人で、予想を下回りました。非農業雇用データも弱い結果で、2月の新規雇用者は27.5万人で、予想を上回っていますが、過去2か月のデータ修正値は累積で16.7万人減少し、失業率は3.7%から3.9%に上昇しました。全体的に弱い雇用データと最近の米連邦準備制度の鷹派発言が重なり、ドル指数は一定の程度の調整が見られました。

全体的に見ると、昨年第四四半期以来、市場は米国連邦準備制度の利下げ期待が主流となっていますが、米国の経済基本は他の主要な先進国や地域に比べて優れており、この状況下での米国連邦準備制度のインフレへの懸念は依然として変わっていません。この観点から、1月のCPIとPPIは市場予想を上回り、インフレは依然として粘り強いです。市場は今夜発表される予定の2月のインフレデータに注目し、それに応じて期待を調整するでしょう。現時点では、2024年に米国連邦準備制度が利下げサイクルに入る基本的な期待は変わっていませんが、具体的にいつ利下げが始まるかは未だ不確かです。短期的には、ドル指数は一定程度、通貨政策および避難需要のサポートを受け、関連する主要データのパフォーマンスに応じて既存の範囲内で波動すると予想されます。短期的な急落の余地は比較的限られています。

ユーロ/米ドル

現在の市場状況から見ると、ドルの強弱は依然としてユーロの動向に最も影響を与える要因です。この影響を受けて、ユーロは直近の取引日で1.09を超えて戻りました。これに加えて、基本面から見ると、欧州中央銀行はインフレに対して比較的慎重な姿勢を取っていますが、最新のインフレデータによれば、ユーロ圏全体のインフレ率は2.6%、コアインフレは3.1%となり、2%のインフレ目標に一歩近づいています。他の重要な経済データから見ると、ユーロ圏全体の経済パフォーマンスはまだ低迷しており、高金利水準下でのユーロ圏と米国の経済基本の差異がユーロに圧力をかけ続けています。インフレ圧力が徐々に緩和され、高金利が基本面に与える制約が明白であり、世界の主要中央銀行が徐々に方針を転換する状況下では、通貨政策がユーロを持続的にサポートするのは難しいと予想されます。欧州中央銀行は先週の利上げ決定で三大金利を据え置きましたが、インフレと経済成長に対する予測を下方修正し、6月の利下げの見通しをより明確にしました。全体的に見れば、ドルのトレンドが完全に反転するまで、ユーロは大きなサポートを受けることは難しいと予想されます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール