お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/13

市場サマリー

昨日、米ドル指数は0.08%上昇し、102.93で終了しました。ユーロ/ドルは微増し、0.01%上昇し、1.0926で終了しました。ポンド/ドルは0.15%下落し、1.2793で終了しました。国際現物金は1.13%上昇し、1オンスあたり2150.50ドルで終了しました。

米ドル指数

先週、弱い米国経済データの発表とパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の鳩派発言が重なり、米ドル指数の下落が加速し、週間で2024年以来の最大下落幅を記録しました。昨日の予想を上回るCPIデータの発表は、米ドル指数に大きな影響を与えず、現在は103近くで取引が盤石です。今後、米ドル指数は一段と弱含みを維持する可能性があります。

経済データに関しては、先週公表された米国の雇用データは全体として開年以来の強いトレンドを継続できませんでした。2月の非農業雇用者数は27.5万人増加し、予想を上回るものの、1月の非農業雇用者数は前月の35.3万人から22.9万人に下方修正され、また12月のデータも同様に修正されました。さらに、2月の失業率は3.7%から3.9%に上昇しました。また、米国の2月のISM製造業およびサービス業のPMIはそれぞれ47.8と52.6を記録し、予想値と前値を下回りました。これらのデータから、米国経済の減速の兆候が初めて現れています。昨日の夜に発表されたインフレデータはわずかに予想を上回りましたが、米国の「インフレ抑制」プロセスがある程度阻害されていることを示しています。しかし、これに基づいて米国の利上げが遅れる可能性は依然として早すぎると判断されます。来週のFOMC会議が前回の鷹派姿勢を維持できない場合、米ドル指数は弱含みの振れ幅を維持する可能性があります。

グラフを見ると、米ドル指数は2月以来、比較的良好な下降トレンドを維持しており、MACDの緑のモーメンタムバーは依然として強く、空売り圧力が強いことを示唆しています。下部のサポートレベルは102.20であると初めて見られます。

ユーロ/米ドル

最近、ユーロは主に米ドル指数の動きに従っており、米ドル指数の下落の影響を受けて、ユーロは1.07の水準から反発し、今週に入って1.0940の水準で揺れ動いています。今後は、ユーロが揺れ動く可能性があります。

経済データに関しては、ユーロ圏の2月の製造業およびサービス業のPMI最終値はそれぞれ46.5と50.2を記録し、予想値の46.1と50を上回りました。3月の投資家信頼指数は-10.5を記録し、前回の-12.9から回復しています。これは、ユーロ圏の経済状況がわずかに改善していることを示唆しています。また、通貨政策に関して、先週、欧州中央銀行は基準金利を据え置きましたが、経済成長とインフレの予測を下方修正しました。これにより、市場は欧州中央銀行の利下げの期待が高まりました。その他の混乱要因が限られている状況で、ユーロのニュースは全体として多少のバランスが取れており、ユーロが揺れ動く可能性が高いです。

技術的な面では、ユーロ/ドルは1.10の強い抵抗レベルに達した後、下落しました。サポートレベルは1.08にあります。これがうまく突破されない場合、ユーロは1.08から1.1の範囲内での揺れ動きを続ける可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール