お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/21

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、米ドル指数が0.4%下落し、103.40で終了しました。ユーロ/ドルは0.52%上昇し、1.0933で終了しました。ポンド/ドルは0.54%上昇し、1.2789で終了しました。国際現物金は1.32%上昇し、1オンスあたり2185.86ドルで終了しました。

米ドル指数

先週公表された2月の米国消費者物価指数(CPI)および生産者物価指数(PPI)データは、市場の予想を上回り、インフレが依然として強い粘性を示しており、米国債利回りと米ドル指数の上昇をもたらし、一時的に104の整数水準に触れました。 今週の米連邦準備制度理事会(FRB)の3月の金融政策会議の後、米ドル指数は反発し、直近2週間の高値から離れました。 この会議では、FRBは利上げ政策を維持し、経済予測は全体的にハト派的であり、将来の経済成長とコアPCEインフレ率の予想を引き上げ、失業率の予想を引き下げました。 ドット・プロットからは、利下げを支持する投票者の数が減少しましたが、中央値は今年3回の利下げを示唆しており、これまでのようにFRBの利下げ予想が大幅に鷹派に転じることはありませんでした。 フェデラルファンド先物市場は、会議後の6月のFRB利下げ確率が57%から72%に上昇し、米ドル指数が急速に103の整数水準に近づきました。将来のインフレや政策の方向についてFRBが直接的な声明を出さなかったため、米ドル指数の持続的な突破は難しく、経済データとインフレの下落傾向に沿った波乱が予想されます。

ユーロ/ドル

最近のポンドの動向は主に米ドル指数の変動に従っています。 先週の米国のインフレデータが市場予想を上回り、英国の失業率と賃金の伸びがわずかに予想を下回ったことで、ポンドは圧力を受けて下落し、一時的に1.27の整数水準を下回りました。 今週のFRBの金融政策会議は市場の予想通り大幅に鷹派に転じなかったため、米ドル指数の下落がポンド/ドルを急速に反発させ、1.28付近まで回復しました。将来の展望では、今夜の英国の中央銀行の金利決定に重点を置く必要があります。市場の予想では、英国の中央銀行は金利水準を据え置くと予想されています。 英国のインフレ率が依然として先進国の中で高い水準にあることを考慮すると、中央銀行がインフレ対策により緊急の利下げを行う必要があります。同時に、英国全体の経済パフォーマンスは中央銀行の予想を上回っており、英国の中央銀行はインフレ対策を優先する姿勢を維持する可能性があります。 もし中央銀行の立場が市場の予想よりも鷹派的であれば、ポンドは1.3の整数水準に向かって続けて上昇する可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール