お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
EURUSD分析のアイキャッチ画像

【EURUSD】通貨ペア分析レポート-2024/3/25

市場動向と要因分析

現在の回復により、EUR/USDの短期的なバイアスは中立に転換し、一部の差し戻しも見られるでしょう。しかし、55 4時間移動平均(現在の1.0868)が維持されている限り、下方リスクが残ります。1.0801を下回れば、1.0980からの下落が再開され、まず1.0694を再テストします。そこを下回ると、1.1138から1.0980への下落が再開し、1.0980からの1.0694への100%の進行が1.0536を目指します。

テクニカル分析とサポート

1.1274からの値動きは、0.9534(2022年の安値)からの上昇の修正的なパターンと見なされています。1.0447からの上昇は、2番目の段階と見なされています。さらなる上昇は排除できませんが、上昇は1.1274で制限されるべきです。これはパターンの3番目の段階をもたらすでしょう。一方、1.0694のサポートが持続的に壊れると、1.0447からの第三段階が既に始まったとの見方が出ます。

トレード戦略

EUR/USDでは、現在のレンジでの動きが続いています。短期的なバイアスが中立になっているため、トレーダーはレンジの上限と下限を注視する必要があります。上向きの方向性が強まるには、1.6677のレベルを突破し、1.6742を目指すことが重要です。一方、下方向性が強まるには、1.6439のサポートが破られる必要があります。トレーダーはこのレベルを慎重に見守る必要があります。

まとめ

EUR/USDの動向は現在中立的であり、レンジ内での動きが続いています。テクニカル的な観点からは、上向きのシナリオと下向きのシナリオの両方が考えられます。トレーダーはレンジの上限と下限を注視し、相場の方向性が確定するまで慎重にポジションを取る必要があります。大局的な視点では、上昇トレンドが修正されている可能性があるため、リスク管理が重要です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール