loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2024/1_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2024/1/29

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/1/29

1月26日(金曜日)、米ドルは円に対して0.3%上昇し、148.06円となりましたが、週間では0.3%下落しました。米国の個人消費支出(PCE)価格指数は12月に前月比0.2%上昇し、11月には0.1%下落したことが確認されました。PCE価格指数は前年比2.6%上昇し、11月と同じです。12月の統計はアナリストの予想と一致し、年間インフレ率は3カ月連続で3%を下回りました。これにより、追加の政策引き締めは除外されました。インフレ統計の発表後、市場ではFRBが3月に利下げしない場合、5月の会合で初めての利下げが約90%の確率で行われるとほぼ確信しています。今週、市場は1月の非農業部門雇用統計、連邦公開市場委員会(FOMC)会合、財務省のリファイナンス発表など、FRBの利下げ決定を裏付ける重要な指標の発表を待つことになります。テクニカルグラフの観点から見ると、米ドル/円は依然として日足レベルチャートを上回る重要な抵抗線である149.17に閉じ込められており、11月から12月にかけての下落からの76.4%のリトレースメントである149.17ですが、14日の勢いは強気のバイアスがかかっているため、USD/JPY は現在弱気ではありません。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/1/29

1月26日(金曜日)、AUD/USDは0.6576で横ばいを維持しました。先週の米国のGDPと個人消費支出(PCE)のデータは、米国経済が第4四半期に予想を上回る成長を遂げ、個人消費が強固であることを示し、FRBが予想していた悲観的な予測を打ち消しました。積極的な利上げ後に景気後退が起こる可能性があり、これが3月の米国利上げの予想確率の大幅な低下につながり、これも米ドルの安定に寄与しています。依然として米ドルの動向が豪ドルに影響を与えており、豪ドルには当面、米ドルに関連する基本的な経済要因がそれほど多くないため、豪ドルの動向は主に米ドルに左右されます。日足チャートでは、豪ドル/米ドルは引き続き狭い値幅で推移しており、変動幅は主に0.6520~0.6600に集中しています。テクニカル指標は依然としてマイナス圏にあり、豪ドル安を示していますが、RSI(相対強さ指数)は売られ過ぎゾーンに位置しており、わずかに消極的です。豪ドルのショートの勢いも鈍化しています。豪ドル/米ドルのトレンドは引き続き狭い範囲での変動が予想されます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール