loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場動向レポート

【外国為替市場の動向】2024/2/1

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/2/1

1月31日(水曜日)、ニューヨークのクロージングにおいて、米ドル指数は0.26%上昇し、103.66となりました。米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げに関する長期間の議論を放棄し、利上げの可能性について言及せず、利率を据え置きました。しかし、FRBは近々の利下げを暗示していませんでした。トレーダーたちは、FRBが中立的な方向に転換することを受けて、鳩派の言葉を用いるだろうと予想していましたが、その期待は裏切られました。実際、FRBは声明にハト派の文言を追加するのではなく、むしろハト派の文言をいくつか追加しました。FRBのパウエル議長は記者会見で、「さらなる有利なデータを見る必要がある」と述べ、利下げのタイミングを決定するためにはそれが必要だと強調しました。「私たちは確かな自信を持っているが、より大きな自信を得たい」とし、冷却したインフレのデータが「本物のシグナル」を送ったと述べました。しかし、当日、ドルは円に対して0.25%下落し、147.26で取引を終えました。取引中には146円台まで下落する場面もありました。これは、FRBが利率を据え置いたことが円の一定の回復を促したためです。さらに、水曜日の会議録によれば、日銀の政策決定者たちは、マイナス金利政策の撤廃と、大規模な金融緩和策の段階的な撤退について議論しました。1月の会議で示された意見の要旨によれば、日銀の決意は高まっており、マイナス金利を終了する条件が段階的に整ってきていると多くの委員が認識しています。今週の米国経済データがそれほど強くなければ、ドル/円はさらに下落する可能性があります。日足チャートによれば、これまでのレンジ相場の低い支持が破られ、現在の価格はブリンバンドの中間ライン(146.80)付近で推移しています。このラインを下回ると、ドル/円の下落幅が拡大する可能性があります。上方には149円付近で重い抵抗が形成されているようです。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/2/1

1月31日(水曜日)、豪ドルは米ドルに対して0.3%下落し、0.6581で取引されました。これは前日の2週間高値0.6625ドルからの距離です。水曜日の早い時間帯に、オーストラリアは第4四半期の消費者物価指数(CPI)が4.1%に減速し、2年ぶりの低水準となりました。これは市場予想の4.3%よりも低く、第3四半期の5.4%から大幅に低下しています。コアインフレ率は5.2%から4.2%に低下し、オーストラリア準備銀行自体の予測である4.5%を下回りました。予想を下回るデータは、オーストラリア準備銀行が利下げの可能性を多くの人々よりも早く受け入れる道を開いたと見られています。市場では、来週の政策会議でオーストラリア準備銀行が4.35%の政策金利を維持し、緊縮的な政策傾向を和らげる可能性が高いと考えられています。金利先物市場は、6月に初めて利下げが行われる可能性が、データが公表される前の54%から約64%に上昇しています。現時点で、8月の利下げ25ベーシスポイントの可能性はすでに完全に消化されており、2024年の総利下げ幅の予測も42ベーシスポイントから48ベーシスポイントに上昇しています。ドルに対する差金利の影響がさらに弱まる中、豪ドルの動向は弱くなっています。日足チャートでは、豪ドル/米ドルは全体的にまだブリンバンドの中間ラインよりも下にあり、技術指標にも明確な転換の兆候が見られず、豪ドルの全体的な動向は弱い傾向にあります。下方の重要なサポートは0.65であり、これを下回ると豪ドル/米ドルの下落が続く可能性があります。上方では、レンジ相場の抵抗水準である0.6625ドルを完全に突破することで、下降トレンドが反転する可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール