loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場動向レポート

【外国為替市場の動向】2024/2/2

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/2/2


2月1日(木曜日)、米ドル指数は終盤に0.55%下落し、103.04となりました。また、米ドルは円に対して0.45%下落し、146.29で取引を終えました。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、利上げ会議の後に利上げはピークに達したと述べ、今後数か月で利上げが行われる可能性があると述べました。米国のインフレ率は引き続き低下しており、雇用と経済の持続的な成長が見込まれています。しかし、FRBが2年間のインフレ対策が成功したとは宣言せず、FRBの目指す経済の「ソフトランディング」が達成されたことも確認せず、3月19〜20日の会議での利下げを確約することもありませんでした。それでも、シカゴ・マーカンタイル取引所のFedWatchツールによると、トレーダーは現在、3月の利下げの可能性を39%、5月の利下げの可能性を94%と見ています。さらに、木曜日には銀行株が引き続き売られ、前日の下落が続きました。ニューヨーク・コミュニティ銀行(NYCB.N)が商業不動産投資ポートフォリオで損失を出したことが報告されたためです。金融業界の高いコストに伴うリスクへの懸念も、避難通貨となる円を支援する可能性があります。さらに、日本の中央銀行が1月にハト派的な姿勢を示し、景気刺激政策の撤退について議論を開始したとの報道も円を支える要因となっています。今後はアメリカの雇用データに注目し、雇用市場が緩む兆候が見られれば、5月のFRBの利下げへの賭けが強化される可能性があります。そのような状況下では、円が大幅に上昇する可能性があります。チャート上では、ドル/円はブリンバンドの中間ラインより下落し始め、MACDがデッドクロスを形成し、ドルの下落トレンドが明確になっています。下方では、近期の初期サポートレベルである146が破られるかどうかに注目し、もし下抜ければ下方リスクがさらに深まる可能性があります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/2/2

2月1日(木曜日)、豪ドルは0.6565米ドルで取引され、過去2週間の0.6550-0.6620米ドルのレンジに戻りました。水曜日のFRBの利上げ会議は3月の利下げ期待を冷やしましたが、トレーダーたちは依然として米国の利上げが今年後半に大幅に下落するという見通しを支持しています。これは、水曜日に予想を上回るインフレ緩和データが発表されたことで、一部の豪ドルの下落を和らげました。過去2か月間、経済は基本的にオーストラリア準備銀行の予想に合致しており、労働市場は緩和傾向にあり、生活費の圧力の下で消費者支出が低迷し、商品のインフレ率の緩和傾向が続いています。しかし、国内需要に影響を受ける非貿易商品およびサービスのインフレ率は依然として5.4%です。家賃のインフレ率は若干低下しましたが、7.3%と高い水準にあり、保険料は16.2%上昇し、2001年以来の最高水準を記録しました。ムーディーズの経済学者によると、オーストラリアのインフレ率は引き続き低下する見込みですが、その速度は鈍化するでしょう。したがって、ムーディーズはオーストラリア準備銀行が9月に利下げすると予想しています。オーストラリアが欧米主要国よりも遅れて利下げする場合、豪ドルの回復を支える要因になるかもしれません。チャート上では、オーバーセールドゾーンで各種技術指標が鈍化している中、オーバーナイトの豪ドル/米ドルは0.65の強力なサポートをテストした後、急速に回復し、再び0.6550-0.6620の横ばいレンジに戻りました。重大な刺激要因が出ていない限り、豪ドル/米ドルは依然としてレンジ相場の動きを続けると予想されます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール