loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GBPUSD分析のアイキャッチ画像

【GBPUSD】通貨ペア分析レポート-2024/1/8

市場動向と要因分析

先週の1.2611からのサポートを受け、GBP/USDは力強く反発しました。今週の初めには、初期バイアスが上向きとなり、まず1.2826の再テストが期待されます。そこでの決定的なブレイクは、1.2036からの全体の上昇を再開します。ただし、別の下落と1.2611のブレイクは、1.2499のサポートまでのより深い修正をもたらすでしょう。

テクニカル分析とサポート

中期のトップである1.3141からの価格アクションは、1.0351(2022年の安値)からの上昇トレンドの修正パターンと見なされています。1.2036からの上昇は、進行中の第2のレッグと見なされています。上昇は1.3141で制限されるべきで、パターンの第3のレッグをもたらすでしょう。一方で、1.2499のサポートのブレイクは、既に1.0351(2022年の安値)から1.3141までの38.2%リトレースメントのための第3のレッグが始まったと論じます。

トレード戦略

長期的な視点では、M MACDのブルッシュ収束条件で1.0351での長期的な底が形成されているべきです。ただし、1.3051からの反発のモメンタムは、GBP/USDが傾向の反転ではなく、むしろ凝縮していると指摘しています。1.0351/4248の間でのレンジトレードは、しばらくの間続く可能性があります。

まとめ

GBP/USDは、先週の1.2611からのサポートにより強力な反発を見せました。今週は上昇の傾向があり、1.2826の再テストが期待されますが、1.2036からの全体の上昇を再開するためには決定的なブレイクが必要です。中期的な視点では、1.3141での上昇は修正パターンの第2のレッグであり、上昇は1.3141で制限されるべきです。一方で、1.2499のサポートのブレイクは、より深い修正を示唆しています。長期的には、1.0351での長期的な底が形成されており、ただし反発のモメンタムはトレンドの反転ではなく、凝縮である可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール