”TitanFX”に関するお役立ち情報を随時更新中!

ページタイトル

TITAN FXの口座タイプを詳しく解説

TITAN FXの口座タイプは、トレーダーのスキルや目的に応じて選択できる口座のバリエーションです。

全3つの口座タイプが提供されており、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ブレード口座」がございます。

この記事では、TITAN FXでおすすめの口座タイプを、わかりやすく詳しくご紹介します。

TITAN FXの口座 4タイプ

TITAN FXは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ブレード口座」という3種類の口座タイプを提供しています。

①スタンダード口座

口座タイプスタンダード口座
通貨単位100,000通貨
口座の基本通貨JPY・USD・EUR・SGD
取扱銘柄FX・仮想通貨・貴金属・株価CFD・米国株式
最大レバレッジ500倍
取引手数料無料
最大ロット数100ロット
ロスカット水準20%

TITAN FXのスタンダード口座は、最大500倍のレバレッジで合計300種類以上の銘柄を手数料無料で取引できる口座です。この口座タイプでは、取引に関するコストはスプレッドのみであり、手数料の心配はありません。豊富な銘柄が取引可能なため、FX通貨ペアに適したエントリーポイントがない場合でも、CFD商品(仮想通貨、貴金属、株式など)で取引チャンスを追求できます。

スタンダード口座のスプレッドは、ブレード口座よりもやや広い設定ですが、「Zero Pointテクノロジー」により、比較的狭い水準の安定したスプレッドが提供されています。最小取引単位が0.01ロットという少額からトレードを始めることができ、初めてTitan FXを利用する方にとっては、非常にシンプルで使いやすい取引環境を提供しています。スタンダード口座は裁量取引やスイングトレードに適しており、初心者から上級トレーダーまで幅広いトレーダーにおすすめの口座です。

②マイクロ口座

口座タイプZeroマイクロ口座
通貨単位1,000通貨
口座の基本通貨JPY・USD・EUR・SGD
取扱銘柄FX・仮想通貨・貴金属
最大レバレッジ1,000倍
取引手数料無料
最大ロット数100ロット
ロスカット水準20%

マイクロ口座は、基本的な特徴がスタンダード口座と同じでありながら、異なる点が1つだけあります。それは「1ロットの通貨単位」が1,000通貨であることです。

言い換えると、マイクロ口座では1ロットで取引した場合、ポジションの価値がスタンダード口座の100分の1になります。

この口座は、FX初心者やTITAN FXを初めて利用するトレーダーなど、損失を最小限に抑えたい方に適しています。

③ブレード口座

口座タイプZeroブレード口座
通貨単位100,000通貨
口座の基本通貨JPY・USD・EUR・SGD
取扱銘柄FX・仮想通貨・貴金属・株価CFD・米国株式
最大レバレッジ500倍
取引手数料往復7ドル (0.7pips)
ロスカット水準20%

TITAN FXのブレード口座は、業界最狭水準のスプレッドで広範な取引銘柄にアクセスできるアカウントタイプです。この口座では、最低0.0pipsからスプレッドが提供されています。ブレード口座はTITAN FXが提供する口座タイプの中で唯一、取引手数料が発生しますが、その一方で非常に狭いスプレッドを提供しています。片道3.5USD/1ロットの手数料があっても、他の口座タイプよりも取引にかかる総コストを低く抑えることができます。

通常、低スプレッドの口座タイプでは最大レバレッジが制限されることがありますが、TITAN FXのブレード口座ではスタンダード口座と同じく最大レバレッジ500倍を提供しています。これにより、証拠金を最小限に抑えつつも取引が可能です。

さらに、ブレード口座は、「NDD ECN方式」を採用しており、人為的な介入がなく、金融機関との直接マッチングが行われます。これにより、99.8%以上の高い約定率とリクオートのない環境を実現しており、スリッページを最小限に抑えつつ取引が可能です。高速取引や大口注文を行うトレーダーや、取引にかかるコストを最小限に抑えたいトレーダーにとって、TITAN FXのブレード口座はおすすめの口座タイプです。

TITAN FXの各口座タイプのちがい

口座タイプスタンダード口座マイクロ口座ブレード口座
通貨単位100,000通貨1,000通貨100,000通貨
口座の基本通貨JPY・USD・EUR・SGDJPY・USD・EUR・SGDJPY・USD・EUR・SGD
取扱銘柄FX・仮想通貨・貴金属・株価CFD・米国株式FX・仮想通貨・貴金属FX・仮想通貨・貴金属・株価CFD・米国株式
最大レバレッジ500倍1,000倍500倍
取引手数料無料無料往復7ドル (0.7pips)
ロスカット水準20%20%20%

TITAN FXスタンダード口座について徹底解説

TITAN FXのスタンダード口座は、FX通貨ペアから仮想通貨、貴金属、エネルギー、ソフトコモディティ、株価指数、米国株式など、合計298銘柄の多岐にわたる取引銘柄を最大500倍のハイレバレッジでご利用いただけます。この口座タイプは、取引手数料が無料であり、1注文あたり最小0.01ロットから取引可能な特徴があります。したがって、スタンダード口座は取引量が少ないトレーダーや裁量取引を主とする方に最適です。シンプルな取引条件を備え、初心者から上級者まで幅広いトレーダーに支持されています。

TITAN FXスタンダード口座の特徴

TITAN FXのスタンダード口座は、NDD STP方式を使用しています。このSTP方式は、人為的な介入を排除し、注文が直接市場に流れることを特徴としています。TITAN FXはこの方式により、99.8%という高い約定率を実現しています。
さらに、同社は独自の「Zero Pointテクノロジー」を導入し、最先端のインフラストラクチャーを活用しています。これにより、流動性が確保され、高速な約定が保証されています。
トレーダーにとって、約定スピードの速さは非常に重要です。約定が遅れると、注文成立までに時間がかかり、希望通りの金額で取引することが難しくなり、利益の減少や損失リスクが高まります。TITAN FXはこのような不利な状況を避けるために、約定拒否なしで驚異的な約定スピードを提供しています。

最大レバレッジ500倍の取引が可能

TITAN FXは、多くの競合他社が提供している最大レバレッジよりも低い500倍のレバレッジを提供していますが、顧客の取引スタイルやリスク管理に合わせて柔軟に対応するため、レバレッジ制限は設けられていません。

レバレッジは、投資家が自己資金に対して借入金を利用して取引を行う際に利用される仕組みであり、通常、リスクを増大させる要素として知られています。しかし、タイタンFXは顧客のニーズに応じたトレーディング環境を提供するため、最大レバレッジ500倍という低いレバレッジ設定を採用しています。

また、レバレッジ制限が設けられていないことで、顧客は自己のトレーディング戦略に従って、より自由に取引を行うことができます。これにより、顧客はリスクを最小限に抑えつつ、自己資金を効果的に活用して取引を行うことが可能となります。

TITAN FXは、顧客のニーズに合わせた柔軟な取引環境を提供することで、トレーダーが安心して取引を行えるよう支援しています。

FX業者レバレッジレバレッジ制限
XM1000倍400万円~
TitanFX500倍レバレッジ制限なし
AXIORY400倍2000万円~

スプレッドは狭い

他の海外FX業者と比較してみると、狭いスプレッドを実現しています。そのため、TITAN FXのスタンダード口座は、スキャルピングや他のトレードに適しています。

FX業者ドル円の平均スプレッド
TITAN FX1.3pips
XMTrading1.3 pips1.8pips
Exness1.1 pips
AXIORY1.4pips
HFM1.6pips
BigBoss1.4pips

TITAN FXマイクロ口座について徹底解説

TITAN FXのマイクロ口座は、小口取引に特化した優れた口座タイプです。通常、多くの海外FX会社が1ロット=100,000通貨という設定を採用していますが、Titan FXのマイクロ口座では1ロット=1,000通貨となります。これにより、少額からの取引が可能となり、初心者やトレード経験を積みたい方にとって理想的な環境が整っています。

マイクロ口座では、マイクロロットを活用することで、わずかな金額からでも市場に参加できます。
さらに、最大1,000倍のレバレッジが提供されており、必要証拠金を最小限に抑えつつも大きな金額のポジションを構築することが可能です。この特長により、資金効率を高めつつ、市場でのトレードを積極的に行うことができます。

特にFX初心者の方や、慎重に資金管理を行いつつトレード経験を積みたい方にとって、マイクロ口座は非常に有益です。
初期資金や損失リスクを最小限に抑えつつも、市場の動向を学び、スキルを向上させる絶好の機会と言えます。

TITAN FXは安心してトレードを行うための高水準のセキュリティとサポートを提供しており、マイクロ口座を通じて効果的なトレード体験を提供しています。小口取引に特化したこの口座は、利便性と効果的な資産運用を追求するトレーダーにとって選択肢の一つとなるでしょう。

また、他の口座タイプと比較して通貨量が1,000通貨と少ないため、少額取引に適しています。

TITAN FXのマイクロ口座では、スタンダード口座の最小取引サイズが1,000通貨に対して非常に小さく、小規模な取引が可能です。これにより、FX初心者がリアル口座で取引を試す際に、リスクを最小限に抑えることができます。また、リアル口座で低リスクでEA(自動売買)のフォワードテストを行いたいトレーダーにもおすすめです。

マイクロ口座でも最大レバレッジ1,000倍の取引が可能

スタンダード口座と同等のスペックを備えており、最大1,000倍のハイレバレッジ取引が可能です。この口座タイプは、初心者ユーザーの要望に応える形で、1ロットあたりの通貨量や最小注文数、最大注文数以外の面では基本的にスタンダード口座と同じです。

ハイレバレッジの最大1,000倍を活用することで、ポジションを抱えるために必要な証拠金を最小限に抑えることができます。

大きい利益は狙えない

TITAN FXのマイクロ口座にはいくつかのデメリットがあります。最初のポイントは、「大きな利益を得るのは難しい」ことです。
これは、通貨単位が小さいというメリットの裏返しであり、通貨単位が小さいため、同じ1ロットでエントリーしても、スタンダード口座よりも損失額が減少します。
一方で、損失が小さいということは、利益も同様に小さいということです。そのため、最大1,000倍のレバレッジをかけても、マイクロ口座を使用して大きな利益を得ることは難しいというデメリットがあります。

ロット数スタンダード口座・ブレード口座マイクロ口座
0.1ロット1万通貨100通貨
1ロット10万通貨1,000通貨
10ロット100万通貨1万通貨

TITAN FX マイクロ口座がおすすめの人

TITAN FXのマイクロ口座は、最小の通貨取引単位が10通貨から始められ、最大1,000倍のレバレッジや多彩なボーナスを最大限に利用できる魅力的な特典があります。これにより、取引を始める際に少額で始めたい方や、TITAN FXのトレード環境をボーナスを利用して体験したい方、またEAの検証を実施したい方にとって理想的な口座タイプとなっており、少額資金からFX取引をスタートさせたい初心者に適しています。1ロットあたりの通貨量が1,000通貨となっており、他の口座タイプよりも低く設定されています。

大きな単位での取引に抵抗がある場合は、最初にマイクロ口座で少額取引を開始し、将来的に本格的な取引に移行することも可能です。

TITAN FX ブレード口座について徹底解説

TITAN FXが提供するブレード口座は、優れた取引環境において取引コストを最小限に抑えつつ、大きな利益を追求するトレーダーの要望に応えるために生まれた口座タイプです。

TITAN FXのブレード口座は、1ロットあたり3.5USD(片道)の手数料でお取引頂ける口座タイプで、最小0.0pips〜の業界最狭水準のスプレッドを提供しています。極めて安定したスプレッドにより、取引コストを最小限に抑えることが可能で、スキャルピングトレーダーやEA(自動売買)を行うトレーダーに特におすすめです。

さらに、ブレード口座はTITAN FXの3つの口座タイプの中で唯一ECN方式を採用しています。この方式により、スリッページを極力最小限に抑え、高速な約定を実現しています。そのため、取引量の多いトレーダーにも大変人気があるため、スムーズで効率的な取引が可能となります。

また、業界最狭水準の0.0pipsからのスプレッドで、合計298種類の豊富な取引銘柄でお取引が可能です。ブレード口座は低スプレッドが特徴であり、1ロットあたり3.5USD(片道)の手数料がかかりますが、他の口座タイプよりも手数料を考慮しても取引コストを抑えることができます。

この口座はECN方式を導入しており、リクオートなしで超高速の執行スピードで安定した低スプレッドを提供しています。ブレード口座は、スキャルピングやEA(自動売買)を行うトレーダーや、大口取引を希望する上級者トレーダーにとって人気のある口座タイプとなっており、機関投資家グレードの取引環境を提供し、高速取引や大きな利益を追求するトレーダーにとって理想的な選択肢です。

TITAN FXの口座タイプで最安の取引手数料を誇る

Titan FXのブレード口座は、他の口座タイプとは異なり、業界最狭水準のスプレッドを提供していますが、同時に唯一の口座タイプで取引手数料が発生します。具体的には、FX通貨ペアの場合、1ロットあたり片道3.5USD、往復7USDの取引手数料がかかります。他のFX業者が往復10USDを超える手数料を徴収している中で、Titan FXの取引手数料は極狭スプレッドを考慮すると比較的リーズナブルな価格と言えます。

なお、ブレード口座の取引手数料は銘柄によって異なります。例えば、FX通貨ペア以外のエネルギー、ソフトコモディティ、貴金属、株価指数は、1ロットあたり往復0.6USDです。仮想通貨と株式CFD(米国株式・日本株式)については手数料は一切かかりません。また、取引手数料は口座のベース通貨によってわずかに異なるため、事前に確認してください。

取引にECN方式を採用

取引時にECN方式の口座を使用すると、注文がマッチングされるため、約定拒否のリスクはなくなります。この仕組みにより、FX業者は約定に介入することはありません。具体的には、電子取引所で発生する注文が自動的にマッチングされるため、業者が約定を拒否することはありません。

約定スピードが高速

ECN方式の口座を利用すると、トレーダーと金融機関の注文が電子取引所で即座にマッチングされるため、取引が迅速に行われます。この高い約定スピードは、電子取引所が多くの参加者を抱えているために実現されています。さらに、ECN口座では100万通貨以上の大口注文も効率的に約定させることができます

ただし、逆注文が極端に少ない場合や市場への参加者が不足している場合(たとえば年末年始など)は、約定スピードが遅れる可能性があるため、注意が必要です。

スプレッドが狭くなる

取引を行う際には、ECN口座を使用することで、狭いスプレッドのメリットを享受できます。そのため、スキャルピングやデイトレードを希望する方には、ECN方式が適しています。

さらに、往復の取引手数料を考慮しても、STP方式よりもほとんどの場合で狭いスプレッドで取引が可能です。

TITANで口座開設する方はこちら

TITANのロゴ
▽口座開設はコチラ▽

目次

Topics
  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール