お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDCHF分析のアイキャッチ画像

【USDCHF】通貨ペア分析レポート-2024/2/19

市場動向と要因分析

先週からのUSD/CHFの0.8332からの上昇は続き、最高値0.8884まで達しました。ただし、その後の下落により、今週初めの初期バイアスは中立のままです。上向きの場合、0.8884を上回ると上昇が再開し、0.8550からの0.8332から0.8727への100%の進展が0.8954で見られます。ただし、0.8727の継続的なブレイクはこの強気の見通しを損ない、逆に0.8550のサポートに向かう可能性があります。

テクニカル分析とサポート

全体像では、0.8332での中期の底が形成され、W MACDの強気の収束条件の中で、0.8317の長期フィボナッチサポートの手前でした。1.0146(2022年高値)からの大きな下降トレンドが反転しているかはまだ早い段階です。ただし、0.8550のサポートに向けての下向きのバイアスが再び発生すると、0.8727の持続的なブレイクがこの強気の見通しを損なう可能性があります。

トレード戦略

中長期的な底が0.8332で形成されたと考えられ、W MACDでの強気の収束条件が見られたため、現在の段階では1.0146(2022年高値)からの大きな下降トレンドが反転しているかどうかは確定していません。ただし、さらなる上昇が0.9243のレジスタンスまで見られるべきですが、これは単なる修正である可能性もあります。

まとめ

長期的な視点では、0.7065(2011年高値)からの価格動向は、1.8305(2000年高値)からの数十年にわたる下降トレンドの修正パターンと見なされています。0.7065から1.0342(2016年高値)への61.8%のリトレースメントからの強力な反発は、中期的な上昇の第三段階を開始するでしょう。ただし、1.8305から0.7065の38.2%のリトレースメントが1.1359でしっかりとブレイクするまで、長期的な転換の兆候は見られません。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール