loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/1/3

市場動向と要因分析

最新のUSD/JPYの市場動向を見ると、142.84の小さな抵抗線を突破したことから、140.25での短期の底入れが示唆されています。これは、4時間のMACDでのブルッシュ・ダイバージェンス条件が成り立っている結果です。この状況から、日中の傾向は再び上向きに傾いており、強力な反発が期待されます。具体的なターゲットは、151.89から140.25までの下落の38.2%リトレースメントである144.69です。一方で、141.85の小さなサポートを下回ると、再び140.25の安値を再テストする可能性があります。

テクニカル分析とサポート

151.89からの下落は、151.93(2022年の高値)からの修正パターンの三番目の段階と見なされています。深い下落が続けば、127.20から151.89までの61.8%リトレースメントである136.63まで進むでしょう。ここでの持続的な下抜けは、127.20のサポート(2022年の安値)への道を開くことになります。これは、144.94の抵抗が続く限り、現在の優勢なシナリオとなります。

トレード戦略

現在の日中の傾向が上向きであるため、強力な反発が期待されますが、142.84の小さな抵抗が続く限り、さらなる下落も予想されます。140.25のブレイクは、151.89からの下落を再開し、136.63のフィボナッチレベルを目指します。ただし、142.84のブレイクは、再び上向きの傾向をもたらす可能性があります。

まとめ

現在のUSD/JPYの状況では、短期的な底入れが示唆されていますが、大局的な視点では下落トレンドが続く可能性があります。トレーダーは142.84の小さな抵抗と140.25のサポートを注視し、これらのレベルのブレイクに応じて戦略を調整することが重要です。市場の変動に敏感に対応しながら、慎重かつ柔軟な取引アプローチが求められます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール