loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/1/10

市場動向と要因分析

最近のゴールド先物は3週間ぶりの安値から回復し、2000ドル以上の勢いを維持しようとしています。ただし、米国のインフレデータや連邦準備制度の金利決定に投資家が注目しており、これがゴールドの価値に影響を与えています。同様に、シルバーも下落しています。ゴールドの動向は、米国のCPI結果、国債利回り、そしてドルのパフォーマンスに依存しており、これらの経済指標によってゴールドのトレンドが変わる可能性があります。サポートとなるレベルは2055ドルと2070ドルで、ここが潜在的な買いトレンドをサポートしています。

テクニカル分析とサポート

ゴールド先物は今週の米国インフレデータの発表前に3週間ぶりの安値に下落しましたが、現在は回復を試みています。最近、金の価格は昨年末以来の勢いを維持するのに苦労していますが、XAU/USDの金価格は依然として2000ドルの心理的な抵抗レベルを上回っています。現在、金は米ドルと国債市場のパフォーマンスの混在を調整しようとしており、同時に地政学と金融政策に焦点を当てています。金価格(XAU/USD)は、分析執筆時点ではオンスあたり2026ドルのサポートレベルまで下落し、その周囲で安定しています。全体として、金価格は今年2024年に入ってから苦しいスタートを切っており、1.53%下落しています。

トレード戦略

ゴールド価格は現在、下落トレンドに移行する可能性があるのでしょうか?同様の動きを見せるシルバー価格はオンスあたり23ドルの水準を維持しようとしていますが、白金もほぼ3%下落しています。近日中に金価格が下落する可能性はありますか?現在、金投資家は価格を上昇させる次なる触媒を探しています。12月の米国インフレ報告書が明日、木曜日に発表される予定で、これが影響を与える可能性があります。アナリストの予測では、12月の米国消費者物価指数(CPI)は3.2%に上昇する見込みで、これは3.1%からの上昇です。ただし、わずかに高い読み取りがあれば、それが一時的な反発を引き起こす可能性があり、これにより連邦準備制度による米国の利上げの可能性が低くなるかもしれません。CME FedWatchによると、先物市場では3月の連邦公開市場委員会(FOMC)政策会議での米国の利上げの確率は69%と予想されています。ただし、経済学者は利上げが夏まで発生しないと予測しています。

まとめ

金価格に影響を与える他の要因として、国債市場は2024年に良好なスタートを切りました。火曜日に10年債利回りが4%を超え、2年債利回りが4.37%、30年債利回りが4.2%に達しました。通常、金市場は利子率の変動に敏感であり、これは利回りの変動が非利息を生む貴金属を保有する機会費用に影響を与えるためです。また、金市場に影響を与える別の要因として、米ドルは10年ぶりに最高のスタートを切りました。さらに、米ドルの勢いは今週初めに停止し、米ドルインデックス(DXY)が0.06%減少して102.15になりました。米ドルの弱点は、外国投資家にとってそれらをより安く購入できるため、ドル建ての商品にとって好ましいものです。

その他の金属市場については、銅先物が1ポンドあたり3.835ドルに上昇しました。一方で、白金先物は1オンスあたり946.70ドルで変わらず、パラジウム先物は1オンスあたり1,013.00ドルに上昇しました。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール