お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/3/11

市場動向と要因分析

先週の取引セッションの終わりに、金価格が新たな記録水準に上昇しました。先週の米国の雇用統計レポートが発表され、その後、米国の金利が6月に引き下げられる可能性が高まったことで、1オンスあたり2200ドルに迫る金価格が記録されました。2月の雇用統計は予想を上回る数字となりましたが、1月と12月の雇用増加は大幅に下方修正され、失業率は2年ぶりの3.9%に上昇しました。賃金の伸びも予想を下回り、労働市場の減速を示しています。米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げが6月に行われる可能性は、トレーダー全体で約60%の確率で見られています。これまで、FRBのパウエル議長や欧州中央銀行のいくつかのメンバーは、今年中に金融緩和が始まる可能性が高いことをほのめかしており、非金利資産の魅力が高まっています。先週の金価格は、週間ベースで4.2%の利益を達成する動きを見せました。

テクニカル分析とサポート

日足チャートのパフォーマンスによると、金価格の全体的なトレンドはこれまでに非常に強気のままです。最近の上昇により、テクニカル指標は強気の飽和水準に向かうほど十分な上昇を示しています。したがって、今週利益確定の売りをトリガーする際には注意が必要です。特に、米国のインフレ率が予想を上回る場合に米ドルが好感される可能性がある場合は、注意が必要です。利益確定の売りは、最初にそれぞれ2140ドルと2090ドルのサポートレベルに遭遇するかもしれません。現在の金価格の強気の見通しは、再び1オンスあたり2000ドルのレベルに向かうことなしには逆転しません。

トレード戦略

金価格の動向は、政治的および経済的不確実性の高い時期に魅力的な投資先です。また、世界の金消費の半分は宝飾品に、40%は投資に、10%は産業に使用されています。さらに、最大の金生産国は中国、オーストラリア、アメリカ、南アフリカ、ロシア、ペルー、インドネシアです。また、金宝飾品の最大の消費国はインド、中国、アメリカ、トルコ、サウジアラビア、ロシア、アラブ首長国連邦です。最後に、取引経済での金価格は、OTC金融商品とCFD契約に基づいています。

まとめ

最新のデータによると、ファンドマネージャーが新しいロングポジションを追加し、金価格が上昇しました。このオープンインタレストの増加は、投資家が単に既存のショートポジションを清算するのではなく、金についてより楽観的に考えていることを示唆しています。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール