KentTrend

SKU N/A カテゴリー
ストア
0 5段階中
ストア
0 5段階中
売上上位商品

KentTrend

SKU N/A カテゴリー

KentTrendは超高性能トレンドスキャルピングEAです。

¥0¥28,000

バックテスト

勝率
バックテスト期間 2013年01月01日~2023年01月20日
通貨ペア 主要通貨ペア
取引タイプ M15
最大DD 30.04%
最大ポジション数 1ポジション
PF 1.34
マーチンゲール なし
マジックナンバー 68461541

バックテスト
詳細

フォワードテスト

決済時間取引タイプ始値終値シンボル保有時間ロットサイズ損益
2024-04-09 18:04:00↗ Buy1.267151.26717GBPUSD10.013
2024-04-04 14:45:00↗ Buy1.26551.26541GBPUSD00.01-14
2024-03-22 16:45:00↘ Sell1.260791.26075GBPUSD1350.016
2024-03-21 10:15:00↗ Buy1.277761.27808GBPUSD00.0149
2024-03-20 18:46:00↘ Sell1.269941.27181GBPUSD1660.01-284
2024-02-01 18:15:00↘ Sell0.877660.87868AUDCAD300.01-111
2024-01-29 18:00:00↘ Sell0.885440.88692AUDCAD9000.01-163

BuyとSellの取引比率

BuyとSellの損益

時間帯別エントリー

損益カレンダー

EA概要

EAの特徴

「KentTrend」というトレンドスキャルピングEAは、トレンドに沿ってすべての注文が取られるため、ポジションの優位性が非常に高い特徴を持っています。また、デフォルトのパラメータで常にバックテストを行っているため、最適化を行えばさらにテスト結果が向上することが確実です。

KentTrendは、非常に優れたEAであり、パラメータをよく研究することで最大限に活用することができます。時間足は15分足が内蔵されており、GBPUSDやGBPJPYなどのボラティリティの高い通貨ペアが特におすすめです。EAの利用にあたっては、パラメータの理解や取引時間帯の把握など、トレードに必要な知識を習得することが重要です。

戦略のルール

KentTrendはトレンドスキャルピングEAであり、以下のルールに従って動作します。

  1. まず、移動平均線を使用してトレンドを判断します。移動平均線が上向きであればロング、下向きであればショートの注文を出します。
  2. 次に、WPRやCCI、ボリンジャーバンドなどの指標を使用して、買われ過ぎや売られ過ぎの状態を判断します。安値であればロング、高値であればショートの注文を出します。
  3. ボラティリティを判断するために、ATRなどの指標も使用します。
  4. その他、ニュースやスプレッド、時間などのフィルタリングも行います。

使用方法

KentTrendを使用する際は、以下の点に注意してください。

  1. 対象通貨は、トレンドが強い通貨ペアやXAUUSD、GBPUSD、JPYなどを推奨しています。
  2. KentTrendには、組み込まれたM15のチャート期間があります。
  3. ニュースのフィルタリングについては、FFCalインジケーターを使用することができます。このインジケーターを用意しておくことをお勧めします。

EAを使った取引のメリット・デメリット

トレーダーがエキスパートアドバイザー(EA)を使用することで、複雑な取引ルールや戦略を素早く簡単に設定できます。この自動取引ツールは、トレーダーが指定した条件に基づいて、取引を開始、管理、終了するようにプログラムすることができるため、手動で取引を決定する必要がなく、トレーダーは取引戦略の他の側面に集中することができます。ただし、EAに頼る場合、トレーダーは取引戦略を慎重に検討し、EAが様々な市場環境で期待通りに機能することを確認するためにバックテストする必要があります。

様々な取引方法の比較

スキャルピングは、小さな値動きを利用して利益を得る取引方法であり、相場状況、テクニカル分析、ニュースイベントなど様々な要素を用いて、複数のトレードを開き、素早く決済して小さな利益を得ることが一般的です。この戦略はリスクが高いため、経験豊富なトレーダーによく利用されますが、正しく行えば素早く利益を上げる大きなチャンスとなります。一方、デイトレードは、同じ日のうちに株式を売買する長期的な戦略であり、利益を上げることができますが、スキャルピングに比べると利益は小さくなる傾向があります。

まとめ

結局のところ、スキャルピングEAを使ったUSDJPYの取引は、経験豊富なトレーダーにとって利益を増やす絶好の機会であることがわかります。様々なテクニカル指標を搭載したスキャルピングEAは、トレーダーに取引市場に対するより大きな洞察を提供し、小さな値動きを頻繁に利用することを可能にします。しかしながら、トレーダーはEAを自分の取引戦略に導入する前に、徹底的に調査しバックテストする必要があります。

最後に、自動取引システムのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット

  • 複雑な取引戦略を簡単にプログラムできるため、トレーダーは他の側面に集中することができます。
  • 人間の感情や判断ミスがなくなるため、取引精度が向上します。
  • 長時間の取引や、取引市場が閉まっている時間帯でも自動的に取引を行うことができます。
  • 24時間監視が必要なトレードでも対応可能です。

デメリット

  • EAのプログラムが不完全であったり、市場変動に適応できない場合、損失を被る可能性があります。
  • 過度な依存により、自分で取引する能力が低下する可能性があります。
  • プログラムの不備やシステムのトラブルにより、取引が中断する可能性があります。
  • EAを使用する場合、取引戦略を慎重に検討し、バックテストする必要があるため、時間や労力が必要になります。

以上が、自動取引システムのメリットとデメリットです。トレーダーは自分の取引スタイルや目的に合わせて、自動取引システムを活用するかどうかを検討する必要があります。

パラメータ紹介

・ロット数
10万円の証拠金に対して0.1ロットを推奨します。

・複利設定
口座残高に比例したロットで計算します。

・ マジックナンバー

・ 最大スプレッド
許容するスプレッドの設定

・ストップロス
SL値

・ テイクプロフィット
TL値

・ 金曜日のクローズ機能
True,Falseで金曜日のクローズ設定の可否

・金曜日のクローズ時間
MT4時間で設定してください。

・ 月曜日の開始時間
MT4時間で設定してください。

・移動平均線期間

・WPR期間


・ATR期間


・CCI期間

・ボリンジャー期間

・ストキャスの値

・ニュースフィルター


・ニュースイベントの影響

・経済指標前のエントリー停止期間
30分前に停止させたい場合は30。2時間前は120分と記入。

・経済指標後のエントリー停止期間

レビュー

レビューはまだありません。

“KentTrend” の口コミを投稿します
人気のツール
お買い物カゴ
上部へスクロール