Night_scalpe_multi

セール
SKU N/A カテゴリー
売上上位商品

Night_scalpe_multi

SKU N/A カテゴリー

非マーチンセットファイル付き!8通貨のセットファイルを準備しています。
10年負けなし!マーチンの使用で大きく利益率を伸ばせますが、初心者の方はセットファイルの非マーチンパラメータをお試しください!
ポジションが週を持ち越さないので、安心して運用できます!(^^)

¥0¥98,000

(3 件のレビュー)

バックテスト

勝率
バックテスト期間 バックテスト期間(2010年01月01日~2022年05月31日)
通貨ペア GBP/USD、GBP/CAD、GBP/CHF、USD/JPY、USD/CHF、USD/CAD、EUR/CHF、EUR/GBP
取引タイプ M15
最大DD 2.44%
最大ポジション数 1ポジ
PF 1.86
マーチンゲール なし
マジックナンバー 8937364

バックテスト
詳細

フォワードテスト

active account type_REAL
決済時間取引タイプ始値終値シンボル保有時間ロットサイズ損益

BuyとSellの取引比率

BuyとSellの損益

時間帯別エントリー

損益カレンダー

EA概要

EAの特徴

夜間取引に特化したNight_scalper_multiについてご紹介します。

【1. EAの概要
・推奨される通貨ペアはEUR/CHF、EUR/GBP、USD/CHF、USD/JPY、USD/CAD、GBP/CHF、GBP/USD、GBP/CADです。
・取引時間は午後22時から午前3時に設定します。
・推奨時間足はM15(15分足)としています。

【2. 取引ロジックの概要】

ボリンジャーバンドインジケーターを活用しています。価格がボリンジャーバンドの上限を突破した場合には売りエントリーし、下限を突破した場合には買いエントリーします。取引は中央線と反対側の境界線のいずれかで終了する場合もあります。EAはストップロスと動的なテイクプロフィットを設定し、一部の注文は事前に設定された条件によってクローズされます。

  • 注文グリッドのオープンやマーチンゲール戦略は使用しません。
  • 取引は、ストップ、利益確定、または3つのフィルターのいずれかによってクローズされます。
  • ロボットは静かな市場でのみ機能します。
  • アジアとオーストラリアのセッションが推奨取引時間です。

【3. 長所
・横ばい市場での効果的な取引:ボラティリティが低い夜間に特に効果的です。安定した利益を出しやすいです。

・選択肢の幅広さ:8種類の通貨ペアに対応しており、複数の選択肢から最適な取引環境を選ぶことができます。

・スリッページ保護やスプレッド拡大フィルターなど、取引の制限や保護機能が備わっています。

【4. 短所】
・トレンド相場には適していない:強いトレンドがある場合には効果を発揮しませんので、注意が必要です。 強いトレンドの動きには対応できません。

【5. 運用の仕方】
・適切な時間帯の選択:夜間の午後22時から午前3時までが最適な取引時間帯です。
・スプレッドに注意:スプレッドが拡大する可能性があるため、スプレッド設定を最小限にし、スプレッドの拡大を抑えたブローカーを選ぶことが重要です。

【6. 運用の注意点
高ボラティリティ時の除外:水曜日の営業時間終了までに多くの重要なニュースが発表されるため、水曜日から木曜日の夜間の取引は避けるべきです。

・トレンド確認の重要性:強いトレンドが発生している場合には適用しないでください。

  • ボラティリティが高い時には使用しないでください。
  • ヨーロッパとアメリカのセッションはおすすめできません。
  • スプレッドと取引のタイミングが結果に大きく影響します。

夜間の落ち着いた相場での活躍が期待できるこのEA正しい設定とによって効果的なトレード実現できます。しかし、ニュースのリリースや高ボラティリティ時には慎重に取引行い、相場の特性把握して利益を最大化しましょう。安全なトレードをお楽しみください!

ロジック説明

初心者の方にはちんぷんかんぷんだと思います。でも大丈夫です!セットファイルがあるのでそれで取引を試してみてね!記事の下にはバックテストあるから下まで目を通してみよう!!
まず簡単なロジックからご説明します。ボリンジャーバンドを使った逆張り手法になります。
ボリンジャーバンドがわからない方はこちらをご参照ください!
引用|https://www.oanda.jp/lab-education/beginners/technical_analysis/bolinger-band/

ボリバンって、チャネル内にとどまる確率約98%なんです。

標準偏差をもとにすると、レートがバンドに収まる確率は以下の通りです。

  • ±1σに収まる確率 = 68.3%
  • ±2σに収まる確率 = 95.5%
  • ±3σに収まる確率 = 97.7%
  • 「買われ過ぎ・売られ過ぎたため、レートは平均値に徐々に収束するだろう。」とするのが、ボリンジャーバンドの根本的な見方となります。

Night_scalper_multiの取引画像はこちらです!

そのまえに!!
まずはセットファイルのご案内をします。
いいEAとは性能と使い方がそろっていないと効果を発揮できません。

正直、使い方がわからないEAは価値を発揮しません。
EAに対応する通貨ペアとそれに対応したパラメータ設定が非常に重要です。
EAの使い方のうまい下手は、最初のパラメータ設定が肝になります。セットしたら基本は放置ですからね(笑)

各通貨ペア毎にセットファイルを準備しました。バックテストとフォワードテストを重ねて作成した自信あるパラメータ設定ファイルです。
「MT4 セットファイル」と調べれば使い方がわかるので使ってみてください!

night_scalper_multiの取引画面

下のBBラインにタッチしたため、反転を予想して買い(buy)を行います。

night_scalper_multiの取引画面

上のBBラインにタッチした為、反転を予想して売り(sell)を行います。

まとめると、
ボリンジャーチャネルの下限が突破された場合に買い取引を行い、取引は上限でクローズされます。また、ボリンジャーチャネルの上限が突破された場合には売り取引を行い、取引は下限でクローズされます。

このEAは利益確定と損失制限を設定します。動的テイクプロフィットの設定は、ボリンジャーチャネルに基づいて行われます。

さらに、指定された時間や組み込まれたインジケーターに従って、一部の取引を自動的に終了します。多くのインジケーター(IMA、StdDev、CCI、ボリンジャーバンドなど)使用しています。これらのインジケーターは異なる時間枠で動作し、ストップロスの変更や既存のポジションのクローズ、取引の制限などに利用されます。

スリッページ保護とスプレッド拡大フィルターが組み込まれており、ニュースインジケータを用いたニュースフィルターも採用されています。
ニュースインジケータは付属されていますので、お使いのMT4のindicatorsファイルの中に入れてもらえれば、ニュースフィルターの仕様が可能となります。

EURCHFのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

シストレ.COMの商品バックテスト

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
勝率73%と1.52のプロフィットファクター(PF)を持ち、総利益は40057円です。最大ドローダウン4.27%は一定のリスクを伴いますが、高頻度の取引(1061回)は魅力的です。

 

EURGBPのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

シストレ.COMの商品バックテスト

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
PFが2.13と非常に良好で、勝率も72%と高いです。ドローダウンが2.37%と非常に低く、これはリスク管理が適切に行われていることを示しています。

 

GBPCADのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

シストレ.COMの商品バックテスト

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
この通貨ペアでは、総利益は23852円で、取引回数は625回です。最大ドローダウンは7.29%と比較的高く、リスクがやや高いことを示しています。

 

GBPCHFのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

シストレ.COMの商品バックテスト

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
ここでも最大ドローダウンが7.33%と高いですが、それにもかかわらず、取引の勝率は72%と高いです。PFも1.57と安定しています。

 

GBPUSDのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

シストレ.COMの商品バックテスト

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
この通貨ペアは全体的に最も高いパフォーマンスを示しています。総利益は55238円、PFは1.86、そして勝率は75%と高く、最大ドローダウンも2.44%と低いです。

 

USDCADのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

シストレ.COMの商品バックテスト

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
比較的低い勝率67%とPF1.46がありますが、最大ドローダウンが1.85%と最も低いため、リスクは比較的抑えられています。

 

USDCHFのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

シストレ.COMの商品バックテスト

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
PF1.65と勝率77%という強力な結果を示しています。最大ドローダウンは2.93%と、リスクも適切に管理されています。

 

USDJPYのバックテスト(2010年01月01日~2022年06月01日)

※画像のクリックでバックテストデータをダウンロードできます。
PFは1.43とやや低いですが、勝率は74%と高いです。また、最大ドローダウンは2.45%と低いため、リスク管理がうまく行われています。

 

各通貨ペアにはその独自の強みと弱みがあります。GBPUSDが最もパフォーマンスが高く、総利益、PF、勝率の全てが高いです。一方、リスクはUSDCADで最も低く、最大ドローダウンが最も低いです。最大ドローダウンが高いGBPCADとGBPCHFは、リスク管理に注意が必要です。全体として、各通貨ペアの成績は好調で、高い勝率と利益を示しています。

基本設定

  • ファイル名
  • ボリンジャーバンドのタイムフレーム – ボリンジャーバンドを計算するためのタイムフレームを選択します。PERIOD_CURRENTを使用すると、現在のチャートのタイムフレームが使用されます。
  • 全ティック取引- チェックを入れると、新しいティックが生成されるたびに取引ロジックが計算されます。
  • マジックナンバー – 注文に対するマジック ナンバーの割り当て。
  • スリッページ-注文を受け付ける最大のスリッページ(マーケットプライスと注文プライスの差)を指定します。
  • ロットサイズ- 固定ロット。オートリスク = 0 の場合に使用されます。
  • オートリスク – 取引ごとのリスクの割合。値が0.0の場合は無効となります。
  • デポジット額 - デポのサイズの ロットパラメーターで指定されたロットの量。例: Lots=0.01、MM_Depo = 100 – 入金通貨 100 単位ごとに 0.01 ロットを意味します。
  • 最大通貨額 (デフォルト = 0) – 最大許容取引額
  • 最大通貨ペア数 (デフォルト = 0) – 最大許容取引ペア数
  • 最大通貨量で手動取引をスキップ
  • 売り取引を開く際にスプレッドをチェック
  • 買い取引を閉じる際にスプレッドをチェック
  • 取引を開くための最大スプレッド – 取引を開始できる最大スプレッド。
  • 取引を閉じるための最大スプレッド – 取引を閉じることができる最大スプレッド (売却時のみ)。
  • 利益を確定するための取引を閉じる際の最大スプレッド
  • ストップロス– ストップロス。
  • テイクプロフィット – テイクプロフィット。
  • 利益確定の目標%– チャネルサイズのパーセンテージとしての動的テイクプロフィット。
  • 利益確定の最小値 – 最小の動的テイクプロフィット。チャネル幅、TP_perc(利益確定のパーセンテージ)、そして最小のTake_Profit値(min_TP)を考慮します。チャネル幅(channel_width):この値は、取引戦略の一部としてチャネルを調べるために使用されます。チャネルの幅は、その高さと低さの差を意味します。
    ・TP_perc(Take Profit percentage):これは利益確定の目標値をチャネル幅の何パーセントに設定するかを示す値です。この値がゼロより大きい場合にのみ、Take_Profitの値が計算されます。
    ・min_TP(Minimum Take Profit):これは利益確定の最小値を示します。TP_percによって計算されたTake_Profitがこの値より小さい場合、min_TPが利益確定の値として使われます。
    ・この機能は動的なTake Profit値を計算し設定する機能を提供します。すなわち、チャネル幅の一定のパーセンテージが利益確定の目標となりますが、これが最小の利益確定値を下回ることはありません。
  • マックスデイリーレンジ –一日の取引範囲(通常、最高値と最低値の差)の最大値を設定します。指定した値以上になると、新規の取引が行われなくなります。これは、市場のボラリティを判断するための機能です。MaxDailyRange変数の値が0より大きい場合、このフィルタが有効化されます。まず最初に、現在の日の開始時間が計算されます。その後、指定されたタイムフレームにおける一日の範囲(mdr)が計算されます。
    MaxDailyRangeの設定値は、通常、取引通貨ペアの最小価格変動(pip)を基準とします。
    例えば、4桁の通貨ペア(USD/JPYやEUR/USDなど)では、1pipは0.01となります。5桁または3桁の通貨ペア(一部の通貨ペアや金、銀など)では、1pipは0.001となります。
    したがって、MaxDailyRangeを500に設定した場合、それは50pips(4桁の通貨ペアの場合)または500pips(5桁または3桁の通貨ペアの場合)を意味します。
    MaxDailyRangeを設定する際は、取引する通貨ペアの価格変動の範囲を考慮に入れてください。ボラティリティが高い通貨ペアでは、MaxDailyRangeの値を大きく設定します。
  • MDRFromHiLo – その日の始値からではなく、その日の高値(購入の場合)と最小値(販売の場合)からの価格変動範囲をチェックします。
    MDRFromHiLo = (当日の終値 – 過去n日間の最低価格)/(過去n日間の最高価格 – 過去n日間の最低価格)
  • CheckMDRAfter0 – 価格変動範囲は前日から計算されます (デフォルト = false)。
  • ヘッジ– 多方向取引を許可します (デフォルト = True)。

複数の注文

  • トータルオーダー- 一方向にオープンできる注文の最大数 (1 ~ 10)。パラメータが 1 より大きい場合、オーダー間の距離ごとに追加の注文がオープンされます。
  • オーダー間の距離 – オーダー間の距離
  • 最小ポーズ – 注文を開く間の最小時間 (秒単位)。
  • 取引時間後に新たな取引を開始する
  • 同時に開かれた取引を同時に閉じる  – 無効にすると、各注文は個別に処理され、独自のフィルターによって閉じられます。有効にすると、フィルターの最初のヒット時にすべての注文が同時にクローズされます。変動利益は、すべてのオープン注文の平均利益と見なされます。

トレードエントリー設定

  1. BB期間– ボリンジャーバンドの期間。
  2. BB偏差 – ボリンジャーバンドの偏差。
  3. エントリーブレイク –取引を開始するために価格が通過する必要があるチャネル境界からのポイント単位の距離。正の値 – チャネル境界を越えた後、負の値 – チャネル境界を越える前。
    Entry_Breakという変数は、エントリーポイントを決定するための一部として機能します。このパラメータは、取引が開始されるトリガーポイントを調整します。
    具体的には、Entry_Breakはボリンジャーバンドの上部または下部からどの程度離れたところで取引を開始するかを制御します。価格がチャネルの上部または下部を超えてさらにEntry_Breakの値だけ動いたところで、取引がトリガーされます。したがって、Entry_Breakの値が大きいほど、相場が強くトレンドを形成した場合にのみ取引が行われることになります。
  4. 最小ボラリティ – 最小チャネル幅。
  5. Bid取引 – 有効な場合は、Bidでのみチャネルタッチをチェックすることを意味します。false – 購入の取引を開始するとき、および販売の取引を閉じるときに、Askでチャネル境界をチェックすることを意味します。

CCI設定

  • CCI タイムフレーム – CCI のタイムフレーム。
  • CCI期間 – CCI期間(cci_Period_open = 0 – 無効)。
  • CCIレベル – CCI インジケーターの上位レベルと下位レベル。このレベルを超えると取引を開始できます。
  • 最大ローソク足 – EAが取引を開く際にチェックする最大のローソク足の長さを設定します。
  • バーカウント – 最大ローソク足の長さを計算するために使用されるバーの数を設定します。
  • 一時停止– 負けた取引の後に一時停止します (分)。
  • 損失サイズ(pips)– 一時停止がアクティブになる汎用エキスパートアドバイザーの損失のサイズ (ポイント単位)。

トレイリングストップ/損益分岐点

  • トレイリングスタート –トレイリングストップが有効になる距離(デフォルト = 0 -> トレーリングなし)。
  • トレイリング距離– トレイリングストップのサイズ。
  • トレイリングステップ – トレイリングストップ変更ステップ。
  • ロールオーバー期間中のTSの制御 -ロールオーバー時のトレーリングストップを禁止します。
  • X – 現在の価格がエントリー価格より X ピップス高い場合
  • Y – SLをYポイント移動して利益を得る
    X と Y は、取引のブレイクイーブン(損益分岐点)設定に使用される変数です。具体的には、これらの変数は、ストップロス(損切り)レベルを、取引がブレイクイーブンとなる点よりも優位な位置に動かす際の基準となるパラメータです。以下が具体的な動作です:

    • X はエントリーポイント(取引開始価格)からのプラスの価格変動を示しま

商品詳細

推奨証拠金​
目安月利 
推奨ブローカー​
1万円
2%
-

 エントリー条件

  • 価格がボリンジャーバンドの上限を突破した場合は売りエントリー
  • 価格がボリンジャーバンドの下限を突破した場合は買いエントリー

 クローズ条件

動的なテイクプロフィットで決定される

 得意な相場

横ばい相場、ボラティリティが低い夜間の相場に適している

 苦手な相場

強いトレンド相場には向いていない

 稼働を見送るタイミング

  • ボラティリティが高い時
  • 重要ニュース発表の直前
  • 水曜夜 – 木曜朝 (週足の終値を挟む)

 おすすめの運用方法

パラメータ設定には無限の可能性があります。バックテストで研究してみてください。

Night_scalpe_multi に対するレビュー3件

  1. mo111ala

    期待を込めて星4とさせていただきます。

  2. yusakushuto

    ナンピンなしのEAなので購入しました。
    バックテスト結果から月間でロット数の調整をしながらの運用を開始します。
    期待度5

  3. eric (承認)

    Thanks to the preset files, even beginners can use it without difficulty. It’s been stable so far!.

レビューを追加
人気のツール
お買い物カゴ
上部へスクロール

フォワードテスト稼働ブローカー

シストレ.COM フォワード計測 ルール

ストア紹介文

ストアバナー画像

ストア画像

ストア名

EAファイル

認証用ロジックを組んだex4/5ファイル

 ご自身が開発したか、または使用しているExpert Advisor(EA)の.MQ4/5ファイルに専用の口座認証及び取引履歴をデータ化するロジックを加えてコンパイルしてください。

出品用のEAの作成方法はこちら▶

出品EA作成代行も承っております!

認証用ロジックを組み込む手順を運営にて代理で対応させていただくことも可能でございます。
ご希望の際は、出品時にMQL4/5形式のままでアップロードいただければご確認させていただきます。
なにかご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの運用方法

EAの稼働を見送るタイミング

苦手な相場

得意な相場

クローズ条件

エントリー条件

おすすめのブローカー

無料版が利用できる
提携ブローカー

月利目安

推奨証拠金

キャッチコピー

フォワード計測口座タイプ

最大ストップロス

シンボル

時間足

マーチンゲール

最大ポジション数

マジックナンバー

バックテスト(gif)

バックテスト(HTML)

商品画像

カテゴリ

セール価格

価格

EA名