お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

FX初心者のためのリスク管理入門

FXはレバレッジ効果が高く、大きな利益が期待できる反面、相応のリスクも伴います。特に初心者は過度のリスクを取ってしまいがちで、資金を失う可能性があります。

FXで夢を追えることは事実ですが、まずはリスク管理をしっかり学んで安心安全な取引を心掛けるようにしましょう!

今回はFXのリスク管理についてをご紹介いたします。EAを運用する上でも必要な考え方になりますので、是非ごゆっくりご覧くださいませ。

適切なポジションサイズを設定する

FX取引では、レバレッジ効果を利用して少ない資金で大きな取引が可能です。これは、大きな利益のチャンスですが、同時にリスクも大きくなります。特に初心者の方は、このリスクを理解し、適切なポジションサイズを選ぶことが大切です。

具体的には、自分の持っている資金の中で、どれだけの金額を失っても許容できるかを考え、その範囲内で取引を行うことをおすすめします。一般的には、自分の資本の1-2%を上限としてリスクを取るのが良いとされています。たとえば、あなたが10万円を投資する場合、1取引あたりのリスクは1000円から2000円と設定することで、大きな損失を避けることができます。

このように、FX取引を始める際は、自分のリスク許容範囲をしっかりと確認し、安全に取引を楽しんでください。

ストップロスで大損失を防ぐ

FX取引を行う際、突然の市場の動きによる大きな損失を避けるための便利なツール「ストップロス」という機能です。これは、あらかじめ設定した損失の金額に達すると、自動的に取引を終了してくれるものです。

具体的には、もし100ドルの損失が許容範囲であるとしたら、その金額に達した時点で自動的に取引が終了されます。これにより、予期せぬ大きな損失を受けるリスクを減少させることができます。

初心者の方は特に、このストップロス機能を活用することで、取引の安全性を高めることができます。自分がどれだけの損失を許容できるのか、その範囲を超えないように設定することが大切です。市場の動きは予測が難しいため、このような安全策を取ることで、安心して取引を行うことができます。

許容損失の設定

FX取引を始める際、最も大切なのは「自分がどれだけの損失を許容できるのか」を明確にすることです。これを「許容損失」と言います。この許容損失を設定することで、取引のリスクを管理することができます。

たとえば、成功した取引の場合、目標とする利益に達したらその時点で利益を確定(利確)するというルールを決めることができます。一方、損失が発生した場合は、自分の資本金の2%を上限として、それを超える損失が出たら取引を中止するというルールを設けることも考えられます。

初心者の方は、市場の動きに流されやすく、感情的な判断をしてしまうことがあります。しかし、あらかじめ設定した許容損失のルールを守ることで、冷静な判断を保ちながら、安全に取引を進めることができます。最初は厳格にこのルールを守ることで、長期的な成功への第一歩を踏み出しましょう。

過剰取引を控える

FX取引を行う際、取引の回数や頻度が多すぎると、逆に自分の判断を難しくしてしまうことがあります。これを「過剰取引」と言います。過剰取引は、あなたの判断を鈍らせ、冷静な分析ができなくなるリスクがあります。

特に初心者の方は、取引のチャンスを逃したくないという気持ちから、次々と取引を行ってしまいがちです。しかし、これは大きなリスクを伴います。取引のたびに手数料がかかることもあり、多くの取引を行うことで、そのコストが積み重なることも考えられます。

そのため、取引の回数や頻度には一定の制限を設け、計画的に行動することが大切です。毎日何回、または一週間に何回取引を行うかなど、自分のルールを設定し、それを守ることで、安定した取引を目指しましょう。適切な取引の回数を守ることで、長期的な視点での成功を追求することができます。

レバレッジは慎重に

FX取引でよく聞く「レバレッジ」という言葉。これは、少ない資金で大きな取引を可能にする仕組みを指します。例えば、10万円の資金で100万円分の取引ができるというような効果があります。これにより、投資の効果を高めることができるのですが、一方でリスクも大きくなります。

初心者の方がレバレッジを利用する際は、特に慎重になることが大切です。なぜなら、レバレッジを使うことで得られる利益は大きい反面、損失も同じくらい大きくなる可能性があるからです。資金が10万円で、レバレッジを10倍に設定した場合、損失が10万円を超えると資金がなくなってしまいます。

そのため、自分の持っている資金に対して、どれくらいのレバレッジを使うかをしっかりと考え、適切なレバレッジを設定することが重要です。高すぎるレバレッジは、リスクを極端に大きくするので、初心者の方は特に注意して取引を行いましょう。安全な取引のために、自分の資金とリスク許容度に合わせたレバレッジの設定を心がけることが大切です。

資金を分散させる

FX取引を始める際、資金管理は非常に重要な要素となります。その中でも、「資金を分散させる」というのは基本中の基本です。これは、全ての資金を一つの通貨ペアや銘柄に投じるのではなく、いくつかの異なる通貨ペアや銘柄に分けて投資することを意味します。

なぜこれが大切かというと、一つの通貨ペアや銘柄だけに投資してしまうと、その通貨ペアや銘柄が大きく下落した場合、資金の大部分を失ってしまうリスクが高まるからです。しかし、資金を分散させることで、一部の通貨ペアや銘柄が下落しても、他の通貨ペアや銘柄がプラスになることで、全体の損失を抑えることができます。

初心者の方は特に、この「ポートフォリオのバランス」を意識することが大切です

「ポートフォリオのバランス」とは、投資家が所有する資産を適切に組み合わせて管理することで、リスクを分散させる基本的な戦略です。

資産を一つの通貨ペアや銘柄に集中させると、大きな下落時に資金の多くを失うリスクが高まります。

そのため、複数の通貨ペアや銘柄に投資を分散することで、一部の資産が下落しても他の資産がプラスになる可能性が高まり、全体の損失を抑制することができます。

また、一つの投資先だけに焦点を当てると、他の投資機会を見逃すリスクがあります。長期的な視点での投資と、市場の変動や投資目的の変化に応じてポートフォリオを定期的に再評価し調整することも大切です。

FX初心者は、「ポートフォリオのバランス」を意識して、複数の通貨ペアや銘柄に分散投資することで、安定した取引を目指し、リスクを軽減しながら長期的な資産の成長を追求することが推奨されます。

まとめ

FX取引は高いリターンを期待できる一方で、大きなリスクも伴います。特に初心者の方は、資金管理やリスクの最小化に関する知識が不足していることが多いため、損失を拡大させるリスクが高まります。この記事では、FX初心者が取引を始める前に知っておくべきリスク管理の基本について詳しく解説しました。

主なポイントとしては、適切なポジションサイズの設定、損切りの重要性、資金の分散、そしてポートフォリオのバランスの維持が挙げられます。これらの手法を組み合わせることで、FX取引におけるリスクを効果的に管理し、安定した取引を目指すことができます。初心者の方は、この記事の内容をしっかりと理解し、FX取引を始める前の準備として、リスク管理の基本を身につけることを強くおすすめします。

この記事などのFXにおけるお役立ち情報をシストレ.COMでは随時掲載していきますので、その勉強中に当サイトのEAで少しでも利益を生み出し、勉強時間さえも無駄なく効率的なシステムトレードを目指していきましょう!

シストレ.COMではあなたのシステムトレードライフをサポートします。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール

フォワードテスト稼働ブローカー

ストア紹介文

ストアバナー画像

ストア画像

ストア名

EAファイル

認証用ロジックを組んだex4/5ファイル

 ご自身が開発したか、または使用しているExpert Advisor(EA)の.MQ4/5ファイルに専用の口座認証及び取引履歴をデータ化するロジックを加えてコンパイルしてください。

出品用のEAの作成方法はこちら▶

出品EA作成代行も承っております!

認証用ロジックを組み込む手順を運営にて代理で対応させていただくことも可能でございます。
ご希望の際は、出品時にMQL4/5形式のままでアップロードいただければご確認させていただきます。
なにかご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの運用方法

EAの稼働を見送るタイミング

苦手な相場

得意な相場

クローズ条件

エントリー条件

おすすめのブローカー

無料版が利用できる
提携ブローカー

月利目安

推奨証拠金

キャッチコピー

フォワード計測口座タイプ

最大ストップロス

シンボル

時間足

マーチンゲール

最大ポジション数

マジックナンバー

バックテスト(gif)

バックテスト(HTML)

商品画像

カテゴリ

セール価格

価格

EA名